仁尾正記 医師 (におまさき)

東北大学病院

宮城県仙台市青葉区星陵町1-1

  • 小児外科
  • 教授 小児腫瘍外科科長 小児医療センター長

小児外科 消化器外科 外科

専門

胆道閉鎖症、新生児外科、小児内視鏡外科、小腸移植

仁尾正記

仁尾正記医師は、小児外科の世界的権威。胆道閉鎖症については豊富な臨床経験を誇り、世界の指導的立場にある。小腸移植では、生体小腸移植および脳死移植の両方に取り組むほか、子どもにやさしい低侵襲手術をいち早く取り入れ、外科治療に積極的に活かしている。新生児から思春期ぐらいまでを中心としながら、力になれると思う患者については年齢制限を設けず対応。診療科長として、外来を受診する患者は原則としてすべて自身が診察し、病気や治療について説明するなど、多忙な日々を送っている。

診療内容

小児外科は、手術が必要な病気をもつ子どもを対象とし、その領域は、脳神経、心臓、骨・関節を除く小児の幅広い外科疾患に及ぶ。病気の種類も、虫垂炎のように高い頻度で一般的に見られるものから、数万人あるいは数十万人にひとりという珍しい病気まで、非常に幅広い。東北大学小児外科では、多様な疾患に対応すべく各領域の専門家がそろい、必要に応じて各診療科とも密な連携をながら、大学病院ならではの最新・最先端の総合医療を提供している。
モットーは「からだのキズは小さく、こころにキズを残さない」こと。
子どもは大人より身体が小さいだけでなく、身体の仕組みや働きが大きく異なり、しかも成長に伴って変化していく。このため、子どもについて深く正確に理解し、ひとりひとりに最適な治療法や手術を適用する必要がある。同科には仁尾医師をはじめ、日本小児外科学会が認定する小児外科専門医が4名在籍。治療・手術に必要な技術と知識を身に付けた専門医が、責任を持って診療に当たっている。
手術については、本当に施術が必要なのか、手術以外の方法がないかを慎重に検討。どうしても必要と判断した場合には、手術による利益を最大にして、不利益を最小に、できればゼロにすべく、内視鏡手術や低侵襲手術を積極的に取り入れている。また、特に治療に時間を要する疾患を持った子どもとその家族の「こころのケア」について、専門家によるプロジェクトチームを編成。病院のそばに、家族団らんですごすことができる滞在施設を整えるなど、こころと身体の両面のサポートに取り組んでいる。
胆道閉鎖症の治療…世界初の根治手術の開発以来、疾患の病因、病態、外科治療、術後療法など、半世紀以上にわたって研究を重ね、世界をリードしている。今なお謎が多い胆道閉鎖症の病因・病態の解明が研究の大きなテーマ。豊富な経験に基づいて、より適切な管理法・治療法を模索している。また、長年にわたって日本胆道閉鎖症研究会事務局、胆道閉鎖症全国登録事務局が院内に置かれ、全国に向けて常に新しい情報を発信し続けている。
小腸移植…現在、国内では、小腸移植はごく限られた少数の施設のみで行われている特殊な診療という位置づけになっている。同科では、東北大学移植外科及び全国の専門家と協力体制をいかして積極的に施行。脳死小腸移植施設として国内13施設の一つに認定されるなど、小腸移植のひとつの拠点施設となっている。また、小腸不全患者の小腸リハビリテーションプログラムの導入や、自己小腸の機能を可及的に温存し、小腸移植を免れる症例を増やす研究も行われている。
新生児外科…病院内に周産母子センターがあり、センターの産科、新生児科医師と協力して、生まれながらにして病気と闘っている新生児の治療に当たっている。先天性食道閉鎖症、ヒルシュスプルング病、直腸肛門奇形、腹壁異常、横隔膜疾患など、多くの新生児外科的疾患の治療は同科が最も得意とするところだ。
「目の前にいる小さな患者さんを、先ず愛すること。常に謙虚に、自らを顧みて、技量の向上に務めること。事実に裏打ちされた科学的な情報に基づいて決断すること。良心に従って正しいと信ずる道を貫くこと。」仁尾医師の考える小児外科医の誇りは、同科のさまざまな取り組みや挑戦に活かされている。

医師プロフィール

1981年3月 東北大学医学部 卒業
1987年3月 東北大学大学院 修了(医学博士)
1989年4月 兵庫県立こども病院チ-フレジデント
1990年6月 東北大学小児外科助手
1991年7月 南カリフォルニア大学・ロサンゼルス小児病院フェロー(1993年6月まで)
1999年1月 東北大学小児外科助教授
2003年9月 宮城県立こども病院外科部長
2008年6月 東北大学大学大学院小児外科学分野教授、東北大学病院小児外科・小児腫瘍外科科長、小児医療センター長