仁尾正記 医師 (におまさき)

東北大学病院

宮城県仙台市青葉区星陵町1-1

  • 小児外科
  • 教授 小児外科・小児腫瘍外科科長 小児医療センター長

小児外科 消化器外科 外科

専門

胆道閉鎖症、新生児外科、小児内視鏡外科、小腸移植

仁尾正記

仁尾正記医師は、小児外科の世界的権威。胆道閉鎖症については豊富な臨床経験を誇り、世界の指導的立場にある。小腸移植では、生体小腸移植および脳死移植の両方に取り組むほか、子どもにやさしい低侵襲手術をいち早く取り入れ、外科治療に積極的に活かしている。新生児から思春期ぐらいまでを中心としながら、力になれると思う患者については年齢制限を設けず対応。診療科長として、外来を受診する患者は原則としてすべて自身が診察し、病気や治療について説明するなど、多忙な日々を送っている。

医師プロフィール

1981年3月 東北大学医学部 卒業
1987年3月 東北大学大学院 修了(医学博士)
1989年4月 兵庫県立こども病院チーフレジデント
1990年6月 東北大学小児外科助手
1991年7月 南カリフォルニア大学・ロサンゼルス小児病院フェロー(1993年6月まで)
1999年1月 東北大学小児外科助教授
2003年9月 宮城県立こども病院外科部長
2008年6月 東北大学大学大学院小児外科学分野教授、東北大学病院小児外科・小児腫瘍外科科長、小児医療センター長
(更新日:2018年11月13日)