小澤武司 医師 (おざわたけし)

東戸塚こども発達クリニック

神奈川県横浜市戸塚区川上町88-18

  • 小児科・精神科
  • 院長

小児科 精神科

専門

発達障害

小澤武司

横浜市の地域療育センターにおいて、発達精神科医として発達障害を専門に診療を行ってきた経験を生かし、もっと気軽に相談でき、生活に密着した指導が受けられる発達障害の専門クリニックを目指して2008年、同クリニックを開業。発達障害を病気としてではなく、将来に希望が持てる子育てや発達支援の視点で診療をしている。地域の教育や福祉環境に詳しく、相談にはきめこまやかに対応してくれる。保育園医、養護学校の校医、スクールカウンセラーのスーパーバイザーなども務める。

診療を受けるには

初診は電話で申し込む。予約日時決定後に送られてくる問診票に必要事項を記入して持参。成人の初診は受付ていない。休診日:火曜・水曜、祝日。受診日:月曜・木曜・金曜・土曜・日曜。

医師プロフィール

1986年3月 岐阜大学医学部 卒業
2000年9月 横浜市総合リハビリテーションセンター発達精神科医長
2001年4月 横浜市戸塚地域療育センター長
2003年4月 横浜市北部地域療育センター長
2008年5月 東戸塚こども発達クリニック開院

所属学会

日本児童青年精神医学会、発達障害学会、日本小児科学会、日本てんかん学会、日本小児神経学会など

主な著書

『介護職員初任者研修テキスト/障害の理解 知的障害、発達障害、ダウン症』(介護労働安定センター)
『自閉症スペクトラムの医療・療育・教育/家族への支援』(2005年 金芳堂)
『こどものリハビリテーション医学 第2版』(2008年 医学書院)
『リハビリテーション辞典』(2009年 中央法規)
『幼児期の理解と支援: 早期発見と早期からの支援のために(発達障害の臨床的理解と支援)父として医師として』(2012年 金子書房)
『標準リハビリテ―ション医学』(2012年 医学書院)
『ノーマライゼーション7月号 自閉症の早期発見・早期療育システム -『発達リハビリテーション』の見地から-』
『総合リハビリテーション37巻9号 発達障害(1)早期発見・早期介入』
(更新日:2018年11月20日)

同じ疾病を専門とする医師一覧