岩波明 医師 (いわなみあきら)

昭和大学附属烏山病院

東京都世田谷区北烏山6-11-11

  • 精神科
  • 病院長
  • 診療科長 教授

精神科 神経科

専門

精神生理学、発達障害、統合失調症、うつ病の薬物療法、統合失調症の認知機能障害、精神疾患と犯罪、司法精神医療等

岩波明

1959年に横浜市生まれ。東京大学医学部医学科卒業。専門は「精神生理学※」。東大病院精神科、ドイツ留学を経て、埼玉医科大学、東京都立松沢病院において、重症例を含む様々な分野の診療にあたる。うつ病の薬物療法、統合失調症の認知機能障害、精神疾患と犯罪、司法精神医療等、幅広いジャンル、疾患に対応する。2008年に昭和大学医学部精神医学講座准教授に就任、2012年に同大学精神医学講座主任教授を経て、2015年昭和大学烏山病院病院長に兼任。現在、大人の発達障害の研究、臨床を重点的に取り組んでいる。多くの臨床経験からリアリティ溢れた症例を紹介、現代社会の様々な現象に鋭く切り込み、多数のベストセラーを創出している。
※人間の行動の心理的機能と生理的機能の対応関係を研究する学問

診療内容

病院長を務める昭和大学烏山病院は、大正15年に精神科の専門病院として設立された国内でも有数の歴史ある病院。昭和26年に現在の昭和大学に寄贈された。都市部の精神病院として、昭和30年代以降、精神分裂病(統合失調症)患者を中心に病棟を解放し、いち早く精神障害者の社会復帰活動を積極的に取り組んでいる。早い時期に統合失調症を中心とする精神障害者のリハビリテーション活動の体系を確立した。平成8年4月に老朽化した病棟を建て直し、精神科急性期治療からリハビリテーションまでの一環した治療体系に加え、アルコール依存症や高齢者の精神科医療分野にも新しい展開を図っている。平成14年、平成20年と新たに新病棟が完成し、従来からの急性期・慢性期治療病棟や社会復帰病棟、高齢者認知症疾患治療病棟などに加えて個室中心の病棟を稼働。大学附属病院の単科精神科病院として随一の病棟施設を併設し都市型の精神科病院として重要な役割を担っている。

さらに同院は平成20年より国内で初めて成人のアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害)を中心とする発達障害専門の外来とデイケアを開始。平成25年からは成人のADHD(注意欠如多動性障害)の専門外来と専門プログラムを開設し、国内でも数少ない成人発達障害専門外来として注目が集まっている。デイケアの他、必要に応じて入院治療も行っている。現在、平成26年に開設された発達障害医療研究所と連携し、成人の発達障害の臨床および研究活動にも取り組んでいる。

医師プロフィール

1959年 神奈川県横浜市生まれ
1985年 東京大学医学部卒業
のち、東京都立松沢病院、東京大学医学部精神医学教室助教授て、ドイツ、ユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク精神科に留学、帰国後、埼玉医科大学精神医学教室准教授を経て
1993年「覚醒剤精神病の事象関連電位」で東大医学博士
2008年 昭和大学医学部精神医学講座准教授
2012年 昭和大学医学部精神医学講座主任教授
2015年より同大学附属烏山病院長を兼務

「発達障害」を専門とする医師