岩波明 医師 (いわなみあきら)

昭和大学附属烏山病院

東京都世田谷区北烏山6-11-11

  • 精神科
  • 病院長
  • 診療科長 教授

精神科 神経科

専門

精神生理学、発達障害、統合失調症、うつ病の薬物療法、統合失調症の認知機能障害、精神疾患と犯罪、司法精神医療等

岩波明

1959年に横浜市生まれ。東京大学医学部医学科卒業。専門は「精神生理学※」。東大病院精神科、ドイツ留学を経て、埼玉医科大学、東京都立松沢病院において、重症例を含む様々な分野の診療にあたる。うつ病の薬物療法、統合失調症の認知機能障害、精神疾患と犯罪、司法精神医療等、幅広いジャンル、疾患に対応する。2008年に昭和大学医学部精神医学講座准教授に就任、2012年に同大学精神医学講座主任教授を経て、2015年昭和大学烏山病院病院長に兼任。現在、大人の発達障害の研究、臨床を重点的に取り組んでいる。多くの臨床経験からリアリティ溢れた症例を紹介、現代社会の様々な現象に鋭く切り込み、多数のベストセラーを創出している。
※人間の行動の心理的機能と生理的機能の対応関係を研究する学問

医師プロフィール

1959年 神奈川県横浜市生まれ
1985年 東京大学医学部卒業
のち、東京都立松沢病院、東京大学医学部精神医学教室助教授て、ドイツ、ユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク精神科に留学、帰国後、埼玉医科大学精神医学教室准教授を経て
1993年「覚醒剤精神病の事象関連電位」で東大医学博士
2008年 昭和大学医学部精神医学講座准教授
2012年 昭和大学医学部精神医学講座主任教授
2015年より同大学附属烏山病院長を兼務

主な著書

『血圧を下げる―薬を飲まないで高血圧を治そう (ホーム・メディカ・ビジュアルブック)』(2005年 小学館)
(更新日:2018年8月27日)

同じ疾病を専門とする医師一覧