諸岡啓一 医師 (もろおかけいいち)

諸岡クリニック

東京都杉並区今川1-1-4

  • 小児科、小児神経科、内科、神経内科
  • 院長

小児科 神経内科 内科

専門

発達障害、頭痛、不眠、脳神経障害、生活指導、服薬指導、漢方治療、小児科一般、内科一般

諸岡啓一

諸岡啓一医師は、医大を卒業後、40年間、複数の大学病院の最先端医療の場に身をおく。2006年まで東邦大学医学部小児科の教授をつとめたあと、地域に根ざした医療を実践するべく同クリニックを開設。諸岡医師の専門は小児神経科で、とくに発達障害に対する診療の評価は高く、言語遅滞、広汎性発達障害、学習障害、運動の遅れ、頭痛、睡眠障害など、幅広い診療を行っている。発達障害では経過観察が重要で30歳頃までの継続診療を行うことが多い。豊富な経験と症例数が患者や家族の信頼となってあらわれる。

医師プロフィール

1966年3月 千葉大学医学部 卒業
1967年4月 千葉大学大学院医学研究科(小児科学)
1971年9月 同 修了
1971年10月 鳥取大学脳神経小児科 助手
1974年12月 埼玉医科大学小児科 講師
1985年5月 東邦大学小児科 助教授 
1993年4月 東邦大学小児科 教授 
2008年3月 同 定年退職
2008年7月 諸岡クリニック院長
(更新日:2014年5月22日)

同じ疾病を専門とする医師一覧