諸岡啓一 医師 (もろおかけいいち)

諸岡クリニック

東京都杉並区今川1-1-4

  • 小児科、小児神経科、内科、神経内科
  • 院長

小児科 神経内科 内科

専門

発達障害、頭痛、不眠、脳神経障害、生活指導、服薬指導、漢方治療、小児科一般、内科一般

諸岡啓一

諸岡啓一医師は、医大を卒業後、40年間、複数の大学病院の最先端医療の場に身をおく。2006年まで東邦大学医学部小児科の教授をつとめたあと、地域に根ざした医療を実践するべく同クリニックを開設。諸岡医師の専門は小児神経科で、とくに発達障害に対する診療の評価は高く、言語遅滞、広汎性発達障害、学習障害、運動の遅れ、頭痛、睡眠障害など、幅広い診療を行っている。発達障害では経過観察が重要で30歳頃までの継続診療を行うことが多い。豊富な経験と症例数が患者や家族の信頼となってあらわれる。

診療を受けるには

初診(発達障害)は、発達歴が重要なので初診時は保護者と受診(成人の発達障害も同様)。紹介状は必要ないが、あった方が診療上の参考になる。発達テスト(知能テスト)の結果(数値)があれば、持参。初診の場合は、診察に時間がかかるため、11:00~や18:00以降を避けて、比較的混んでいない16:30から17:00台がお勧め。発達障害の診療は諸岡医師の担当日に受診すること。木曜午前の内科医(神経内科が専門)は発達障害を診ていない。頭痛、不眠等は通常の診療時間で受信できる。待ち時間は、予防接種やインフルエンザの流行時などにより異なりますが、ふつう1時間前後かかる。他に、福祉医療センター太陽の園(熊谷市)に週2回、JA厚生連熊谷総合病院・土屋小児病院に週1回勤務。

医師プロフィール

1966年3月 千葉大学医学部 卒業
1967年4月 千葉大学大学院医学研究科(小児科学)
1971年9月 同 修了
1971年10月 鳥取大学脳神経小児科 助手
1974年12月 埼玉医科大学小児科 講師
1985年5月 東邦大学小児科 助教授 
1993年4月 東邦大学小児科 教授 
2008年3月 同 定年退職
2008年7月 諸岡クリニック院長

所属学会

日本小児精神神経学会監事・専門医、日本小児神経学会専門医、日本小児科学会専門医など

主な著書

『小児のけいれん(管理・指導シリーズNo.4)』(1984年 日本プライマリ・ケア学会)
『1歳までの小児医学』(1987年 紀伊国屋書店/訳書)
『小児科学年鑑1990 小児医学の進歩10』(1990年 診断と治療社)
『発達障害医学の進歩No.4』(1992年 診断と治療社)
『ハイリスク児の発達チェックガイドブック』(1993年 新興医学出版社)
『言語聴覚士指定講習会テキスト(医療研修推進財団監修)』(2000年 医歯薬出版)
『心と体の健診ガイドー乳児編』(2002年 日本小児医事出版社)
『心と体の健診ガイドー幼児編』(2002年 日本小児医事出版社)
『自閉症スペクトラム理解の手引き』(2005年 自閉症スペクトラム学会)
『小児科学(第3版)』(2008年 医学書院)
(更新日:2018年2月23日)

同じ疾病を専門とする医師一覧