笹子三津留 医師 (ささこみつる)

淀川キリスト教病院

大阪府大阪市東淀川区柴島1-7-50

  • 消化器外科
  • 外科特別顧問
  • 兵庫医科大学外科名誉教授

消化器外科 外科 がん

専門

消化器(食道・胃・十二指腸) とくに臓器・機能温存手術、高度進行胃がんの集学的治療、食道がん

笹子三津留

笹子三津留医師は、胃がんの切除手術では世界的にもトップレベルのスーパードクターである。東京大学医学部外科に入局後、胃がんのレーザー治療に関する研究で学位を取得し、1984年からフランス政府給費留学生として1年間パリ大学に臨床医として留学。その後、1987年より20年間国立がんセンターに勤務、多くの手術指導や講演、臨床研究を通して、日本の胃がん手術(D2)を世界の標準として認めさせることに成功した。日本の外科臨床研究に多大なる貢献をし、世界18カ国で手術の指導を行うなど、国内外の多くの人から高い評価を得ている。国立がんセンター副院長を経て2007年7月より出身地である兵庫県西宮市の兵庫医科大学外科教授に就任。
主任教授である笹子医師は、胃がん治療の世界的なオピニオンリーダーで、JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)胃がんグループの代表者を務めた。数千例の豊富な手術経験に基づいた、繊細かつ丁寧な手術手技には定評がある。2014年NHKプロフェッショナルー仕事の流儀―『胃がん治療最後の砦』と紹介され、難治胃がんの患者が全国より集まった。

診療を受けるには

笹子医師の診察は、水曜の午前・午後。予約が必要なため事前に病院に要問合せ。

医師プロフィール

1976年3月 東京大学医学部医学科卒業
1981年10月 東京大学医学部助手
1984年9月 フランス政府給費留学生としてパリ大学留学
1986年8月 東京大学医学部第2外科医局長
1987年5月 国立がんセンター病院外科スタッフ
1989年9月 ライデン大学(オランダ)招聘教授
1991年1月 国立がんセンター中央病院医長
2006年4月 国立がんセンター中央病院副院長
2007年7月 兵庫医科大学外科教授
2008年 兵庫医大上部消化管外科主任教授
2016年 兵庫医大集学的腫瘍外科特任教授、外科名誉教授
2018年5月 淀川キリスト教病院 外科特別顧問

所属学会

所属学会は日本外科学会(評議員)、日本癌学会(評議員)、日本癌治療学会(評議員、監事)、日本消化器外科学会(評議員、監事)、日本臨床外科学会(評議員)、日本食道学会、日本胃癌学会(評議員、監事)、日本緩和医療学会、米国臨床腫瘍学会、欧州腫瘍内科学会、国際胃癌学会(カウンシルメンバー)

日本外科学会外科認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会消化器外科認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医

主な著書

『胃がん (インフォームドコンセントのための図説シリーズ) 』(2012/12月 医薬ジャーナル社; 改訂版)
『消化器外科手術ナビガイド 肝(みる・わかる・自信がつく!消化器外科手術ナビガイド) 』(2010/3月 中山書店)
『消化器外科手術ナビガイド 胆・膵―みる・わかる・自信がつく! (みる・わかる・自信がつく!消化器外科手術ナビガイド) 』(2010/5月 中山書店)
『胃・十二指腸 (みる・わかる・自信がつく!消化器外科手術ナビガイド) 』(2009/7月 中山書店)
『新版 防ぐ、治す 胃ガンの最新治療 (健康ライブラリー イラスト版)』(2008/8月 講談社; 新版)
『がん用語解説集 増補版』(2002/12月エルゼビア・ジャパン; 増補版)
『胃がん治療のすべて―胃癌治療ガイドライン対応版』(2000/11月 築地書館)
『胃がん治療のすべて―インフォームドコンセントのために』(1995/9月 築地書館)
『これからの癌告知をどうするか―インフォームド・コンセントと心のとまどい』(1994/12月 医薬ジャーナル社)
『家族がガンにかかったとき』(1992/11月 築地書館)
(更新日:2021年1月22日)