笹子三津留 医師 (ささこみつる)

兵庫医科大学病院

兵庫県西宮市武庫川町1-1

  • 上部消化管外科
  • 特任教授

消化器外科 外科 がん

専門

消化器(食道・胃・十二指腸) とくに臓器・機能温存手術、高度進行胃がんの集学的治療、食道がん

笹子三津留

笹子三津留医師は、胃がんの切除手術では世界的にもトップレベルのスーパードクターである。
東京大学医学部外科に入局後、胃がんのレーザー治療に関する研究で学位を取得し、1984年からフランス政府給費留学生として1年間パリ大学に臨床医として留学。その後、国立がんセンター病院胃外科スタッフから~胃がんグループ責任者となり、日本の外科臨床研究に多大なる貢献をし、世界18カ国で手術の指導を行うなど、国内外の多くの人から高い評価を得ている。国立がんセンター副院長を経て2007年7月より出身地である兵庫県西宮市の兵庫医科大学外科教授に就任。
主任教授である笹子医師は、胃がん治療の世界的なオピニオンリーダーで、JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)胃がんグループの代表者を務める。数千例の豊富な手術経験に基づいた、繊細かつ丁寧な手術手技には定評がある。また、最近では後進の手術指導に力を入れている。

医師プロフィール

1976年3月 東京大学医学部医学科卒業
1981年10月 東京大学医学部助手
1984年9月 フランス政府給費留学生としてパリ大学留学
1986年8月 東京大学医学部第2外科医局長
1987年5月 国立がんセンター病院外科スタッフ
1989年9月 ライデン大学(オランダ)招聘教授
1991年1月 国立がんセンター中央病院医長
2006年4月 国立がんセンター中央病院副院長
2007年7月 兵庫医科大学外科教授
(更新日:2017年10月18日)