笹子三津留 医師 (ささこみつる)

兵庫医科大学病院

兵庫県西宮市武庫川町1-1

  • 上部消化管外科
  • 特任教授

消化器外科 外科 がん

専門

消化器(食道・胃・十二指腸) とくに臓器・機能温存手術、高度進行胃がんの集学的治療、食道がん

笹子三津留

笹子三津留医師は、胃がんの切除手術では世界的にもトップレベルのスーパードクターである。
東京大学医学部外科に入局後、胃がんのレーザー治療に関する研究で学位を取得し、1984年からフランス政府給費留学生として1年間パリ大学に臨床医として留学。その後、国立がんセンター病院胃外科スタッフから~胃がんグループ責任者となり、日本の外科臨床研究に多大なる貢献をし、世界18カ国で手術の指導を行うなど、国内外の多くの人から高い評価を得ている。国立がんセンター副院長を経て2007年7月より出身地である兵庫県西宮市の兵庫医科大学外科教授に就任。
主任教授である笹子医師は、胃がん治療の世界的なオピニオンリーダーで、JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)胃がんグループの代表者を務める。数千例の豊富な手術経験に基づいた、繊細かつ丁寧な手術手技には定評がある。また、最近では後進の手術指導に力を入れている。

診療内容

日本で年間5万人が死亡する胃がん。近年、胃がんは減少傾向にあると言われているが、それは年齢調整時の発生数であり、人口の高齢化に伴い実際の胃がん患者数は年々増加している。日本人に多い病気で、男性が女性の2倍と言われている。消化器系のがんの中で、胃がんは大腸がんと並んで治りやすい病気。その背景には、早期発見・早期治療が増えたことや、安全で十分な手術が出来るようになったことがあげられる。
初期の胃がんは、胃潰瘍などと共通の症状が約半数の患者にあり、胃がん特有のものはない。なんとなく胃のあたりが重い・食欲がない・胃の辺りが痛む(特に空腹時)、黒色便などである。ステージ4の進行胃がんでも全く症状がないこともしばしばである。進行胃がんの症状としては、味覚が変化・胸焼けやげっぷが多くなった・口臭がきつくなった・吐き気がするなど、幽門が狭窄を来している場合に症状が多い。一方、胃の入り口である噴門に進行がんができて狭窄を生じてくると食事の飲み込みに問題が生じ、つかえ感が生じたり、嘔吐したりする。この場合の嘔吐は吐物に胃液が混入しないことが特徴である。また、体重の減少で気づかれる場合もある。時に胃のあたりの硬いしこり(腫瘤)に触れて気づく場合、おなかに水(腹水)がたまっておなかが張る場合などもある。早期胃がん同様、胃がんから出血がある場合には、吐物の中に血液がまじったり(吐血)、便がコールタールのように黒くなったり、血便がみられることもある。進行胃がんでは長年少しずつの出血が継続した結果、高度の貧血の症状や全身衰弱が目立つ場合もある。他臓器に転移した"がん"のために生じる症状で見つかることはきわめてまれで、肝臓に転移があっても多くは無症状である。
「胃がん治療、ことに手術では初回治療の重要性が際立っています。それは手術はやり直しがきかないからです。現時点では、胃がんは内視鏡にしろ手術にしろ転移リンパ節を含めて病巣を完全に切除する以外、治癒の見込みはほとんどありません。がんが再発しないような手術をしながら、どうやって合併症を抑えるかが鍵を握ります。手術で、できることとできないこと、合併症の発生率など患者さんに必ず伝えます」と笹子医師は語る。
治療の限界を知ってもらい、その上で納得してもらえるまで時間をかけて説明することを心がけていると言う。それは「患者さんと医師がともに戦う仲間だからです」(笹子医師)
兵庫医科大学病院上部消化管外科に訪れる患者は、進行がんで80歳以上の重篤な併存症を持つ患者が多いのが特徴である。笹子医師のもとには、ほかの病院で治療が難しいといわれた患者が、次々とやってくる。

胃がんの手術では、胃の摘出より、胃の周辺のリンパ節のみならず、周囲の脂肪組織内に散らばって潜むがん細胞、神経に沿って密かに進展するがんを完全に取り除くことが難しい。少しでもがん細胞を残したまま手術を終えてしまうと、再発は免れない。笹子医師は、メスの先に神経を集中させ、その引っかかり具合など、感触からがんの転移の気配を察知し包み込むように取り除いていく。切り込んでは"がん"を散らばらせてしまうからだ。高い集中力が求められる手術中の笹子医師は無心に手術に取り組む。笹子医師は、通常生存率30%の進行がんの手術において50%を超える数字をたたきだすことに成功している。結果、同科では在院死はきわめて少数であり科独立7年目となり、中堅・若手医局員も手術法や術後管理にも習熟し、きわめて高度な胃がん治療をこなせるグループとなっている。
同科は、胃・食道の悪性腫瘍性疾患が診療の中心であり、がん治療ガイドラインに沿った標準的治療を基本としている。日本の胃がん臨床研究の中心であるJCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)胃がんグループのメンバーで、JCOGの臨床研究に積極的に参加しより良い治療法の開発に寄与している。また、同病院では個々の患者にベストと思われるテーラーメードの治療を内科外科一体となって提供している。
「ガイドラインは病気に応じた切り方などを示しているが、言わば個々のケースで作るべき服の形式(燕尾服、タキシード、3揃い、ジャケットなど)を決めているものに過ぎず、それらの洋服を個人個人の患者さんのがんと身体に合わせて、テーラーメードの手術を真に提供できる数少ない外科です」(笹子医師)

医師プロフィール

1976年3月 東京大学医学部医学科卒業
1981年10月 東京大学医学部助手
1984年9月 フランス政府給費留学生としてパリ大学留学
1986年8月 東京大学医学部第2外科医局長
1987年5月 国立がんセンター病院外科スタッフ
1989年9月 ライデン大学(オランダ)招聘教授
1991年1月 国立がんセンター中央病院医長
2006年4月 国立がんセンター中央病院副院長
2007年7月 兵庫医科大学外科教授