小野裕之 医師 (おのひろゆき)

静岡県立静岡がんセンター

静岡県駿東郡長泉町下長窪1007

  • 内視鏡科部長
  • 副院長

内科 消化器科 がん

専門

食道・胃(早期胃がんや食道表在がんのESD治療など)

小野裕之

2002年「21世紀型がんセンター」モデルとしてスタートした静岡県立静岡がんセンターの内視鏡科部長を務める小野裕之医師は、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離)治療の先駆者のひとりで、国立がんセンター(現:国立がん研究センター)中央病院勤務時代からITナイフの開発・臨床応用に携わってきた。先端の丸い玉で胃壁に穴があくのを防ぎ金属部分に電流を流しがんを切除するITナイフを自由自在に扱える凄腕のドクターである。お腹を切らずに胃がんを治すなら小野医師と日本全国から患者が後を絶たない。
早期胃がんや食道表在がんのESD治療では3,000例を超える執刀数を誇り、国内だけでなく世界中に手法を普及させた。

医師プロフィール

1962年 北海道生まれ
1987年 札幌医科大学医学部卒業、同大附属病院第四内科に入局
1991年 国立がんセンター中央病院研修医、レジデントおよびチーフレジデントを経て、97年より同病院内視鏡部医員
2002年 静岡県立静岡がんセンター内視鏡科部長
2012年 同センター副院長兼内視鏡科部長
(更新日:2016年1月1日)