視神経萎縮〔ししんけいいしゅく〕

 視力低下、視野異常がおもな症状です。色覚異常も起こります。眼底検査でみると、視神経は蒼白(そうはく)になっています。
 原因としてはうっ血乳頭、視神経炎、脱髄疾患、視神経の圧迫、ぶどう膜炎、緑内障や薬物中毒などがあります。

[治療]
 萎縮を起こす原因疾患の治療が第一になります。通常、視力回復は困難ですが、原因を取り除くことにより視力が回復することもあります。
医師を探す