巨舌症(大舌症)〔きょぜつしょう〕

 舌がなんらかの原因によって異常に大きくなったものです。生まれつきのものと、リンパ管腫血管腫などの腫瘍により大きくなったものがあります。舌によって歯が押されるために歯並びの異常、かみ合わせの異常などの原因となります。障害があれば、舌のかたちをととのえる手術をおこないます。

(執筆・監修:JR東京総合病院 院長 髙戸 毅)
医師を探す

他の病気について調べる