リンパ管腫(水滑液嚢胞腫)〔りんぱかんしゅ(すいかつえきのうほうしゅ)〕

 リンパ管が異常にふくらんで「嚢胞」を形成したもので、大多数は子どものときに発生します。全身どこにでも発生する可能性がありますが、頸部に多くみられます。感染や出血などで急に増大することもありますが、自然に消失することもあります。
 おもな治療法としては、外科的切除と硬化療法(薬剤を病変部に注入して縮小させる方法)があります。
医師を探す