胸部超音波検査

 超音波の特性として、骨に対しては、まったく反射波が到達せず、骨の直下の病変の描出は不可能となります。しかし、骨直下の肺内病変は、被験者の体位や、大きく息を吸って止めることによって描出が可能となることがあります。また、超音波は空気に対しては全反射する性質があります。したがって、胸膜に接しない肺内病変は、含気を有する肺が介在するため、観察対象病変が胸膜に近い位置になければ、病変を描出することができません。いっぽう、胸膜直下の肺がん病変や縦郭腫瘍、胸水などは、描出可能です。超音波検査では、高い画像分解能のために、腫瘍の胸膜浸潤の評価もできます。

 また、超音波ガイド下穿刺(せんし)では、刺入時に針先を超音波モニターで確認できるため、周囲臓器や脈管系の損傷を回避することができ、より安全な採取が可能となります。通常、中等量より少ない胸水やサイズの小さい腫瘍病変は、超音波ガイド下穿刺を選択します。対象部位は、胸壁、胸膜、胸水、心嚢水(しんのうすい)、肺内病変、縦郭病変、表在リンパ節など、多岐にわたり、病理診断のための検査法として有用です。