血液検査

 通常、腕の静脈から採血をして調べます。白血球数(4000~9000/μLが正常)やCRPの数値が上昇している場合には、体内に炎症があることを示唆しています。白血球の中の好中球が増加をしているときは細菌や真菌、ウイルスなどよる感染を、好酸球が増加をしているときにはアレルギーの病気を疑います。
 肺がんでは、腫瘍マーカーといわれるがんの種類に特有の物質が上昇します。腺がんではCEA、小細胞がんではProGRPやNSE、扁平上皮がんではCYFRA(シフラ)が代表的ですが、がんの種類を特定する精度に関してはNSEが高いとされています。間質性肺炎では、KL-6、SP-A、SP-Dが病勢のマーカーとして用いられます。感染症ではプロカルシトニンの数値が上がります。