内視鏡検査(膀胱鏡、尿道鏡、腎盂尿管鏡)

 尿道から内視鏡を入れて内部を観察します。外来でおこなえる検査です。図で描かれているのはまっすぐな内視鏡ですが、最近では胃カメラのようなファイバー・スコープが用いられており、痛みなどは軽くなりました。

 腎盂(じんう)尿管鏡検査は、通常は入院のうえ全身麻酔をかけてからおこないます。細径のファイバー・スコープ内視鏡を尿管から腎盂へと順に進めて内部を観察します。内部にある腫瘍、結石、狭窄(きょうさく)などを調べます。

(執筆・監修:医療法人財団みさき会 たむら記念病院 院長 鈴木 洋通)
(執筆・監修:日本赤十字社医療センター 院長 本間 之夫)
医師を探す

他の病気について調べる