骨髄腫〔こつずいしゅ〕

 骨髄腫は骨髄での形質細胞というガンマグロブリンを産生する細胞が異常に増殖し、その結果大量に増加したガンマグロブリンにより腎臓にも障害が生じるものです。中年から高齢にかかる年齢で多く、時にたんぱく尿のみの症状のこともあり注意が必要です。

【参照】血液の病気:多発性骨髄腫
医師を探す

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2018/12/14
未治療の「多発性骨髄腫」に対する 『ダラザレックス』の適応追加承認を申請

ヤンセンファーマ株式会社

2018/06/11
OPTIMISMM 試験(ポマリスト第3 相試験)、ASC02018 で発表 再発又は難治性の多発性骨髄腫の早期の治療ラインにおいて PVd療法が無増悪生存期間(PFS)を改善

セルジーン株式会社

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会