関節の痛みとはれ

■関節の痛み
 特定の関節の痛みが長期にわたり続く場合と、複数の関節の痛みやはれが同時にみられる場合があります。また、急激に痛みやはれが出る場合と長期にわたり続く場合があります。
 特定の関節の痛みが長期間にわたって続く場合、以下の関節疾患の可能性があります。

□変形性関節症
 関節に加齢変化が生じ、おもに軟骨が傷みます。関節とその周囲が痛い、関節を動かすと痛い、痛くて関節を十分に動かせない、関節がはれる、関節に水がたまる(関節水腫〈すいしゅ〉)、歩くとき体重をかけると痛いなどの症状が出ます。特に足の関節症では痛みのため、跛行(はこう)といって足を引きずって歩いたり、痛みのために短距離しか歩けなくなります。また痛みのために正座ができなくなったり、階段の昇降が不自由になります。関節軟骨がたくさんすり減ると、関節を動かすときにゴリゴリと音がすることがあります。
・変形性膝(ひざ)関節症
 高齢者でもっとも多くみられます。膝痛(しっつう)やひざの変形の原因となります。関節水腫といって関節内に水がたまり、膝痛や運動制限の原因となります。
・変形性股(こ)関節症
 跛行の原因となります。下肢ではほかに足関節や足趾(そくし)の関節症がみられます。上肢では肩関節症、肘(ひじ)関節症がみられます。肩やひじの運動時の痛み、運動が制限されます。いまではほとんどの変形性関節症に対し、人工関節置換が可能で、この手術をすることで関節痛を取り除くことができます。

■関節の痛みとはれ
・痛風
 中年の男性で足の親指が急に赤くはれて、激しく痛む場合は痛風(つうふう)が疑われます。
・偽痛風
 高齢者のひざや肩の関節が急にはれ、激しく痛む場合には偽痛風(ぎつうふう)が疑われます。関節軟骨にカルシウムが沈着して炎症を生じます。
・単純性股関節炎
 小児の股関節が急にはれて痛みます。
・ひざや肩の腫瘍(肉腫)
 まれに悪性腫瘍である肉腫(にくしゅ)が痛みやはれの原因となります。
・複数の関節の痛みやはれが同時にみられる場合
 関節リウマチでは複数の関節が同時におかされるのが特徴です。特に手指では、指の付け根の関節やまん中の関節がはれます。朝起きたときに手がこわばっているのもリウマチで、ほとんど必ず起こる症状です。
 手の指のいちばん末端の関節だけがはれたり痛むのは、変形性関節症の一種であるヘバーデン結節で、中年女性の複数の指によくみられます。

■外傷を受けて関節がはれる
 関節に血液がたまる関節血腫(けっしゅ)か捻挫(ねんざ)が疑われます。骨折を合併していることもあります。激しい痛みと急なはれ、熱感が強いときには化膿性関節炎も考えられます。

■関節が動かなくなる
 関節の動きがわるくなることを拘縮(こうしゅく)といい、まったく動かなくなることを強直(きょうちょく)といいます。関節どうしがくっついたり、関節包の変化が原因となります。化膿性関節炎などの炎症や痛みが続くと起こることがあります。外傷のあとにも拘縮を生じます。
 骨折の治療のため長期間ギプスで関節を固定するとよく拘縮が生じます。いったん拘縮となると長期のリハビリテーションでもなかなか完全には回復しません。特にひざやひじ、手の指、肩の関節は拘縮ができやすく、治りにくいものです。筋肉や腱(けん)のけが、やけどによる皮膚のひきつれでも拘縮を生じます。五十肩でもしばしば肩関節の拘縮が残ります。
医師を探す