脊椎の病気の症状

 脊椎は椎骨が椎間板(ついかんばん)という軟骨のクッションでつながってできていますが、年をとるとともに変形が生じたり背骨の中にある脊髄や馬尾(ばび)・神経根といった神経組織が圧迫されて、さまざまな病気が発症します。変形には横に曲がる側彎(そくわん)変形、前に曲がる後彎変形があります。変形は外見上のみの場合と背部痛や腰痛の原因となる場合があります。脊髄や馬尾・神経根が圧迫されると、手や足の痛み、しびれ、感覚鈍ま、手足の筋力低下や運動障害、歩行障害などがみられます。また、頸(けい)部痛や腰痛をしばしば伴います。腰椎の疾患では腰痛がおもな症状ですが、脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症や椎間板ヘルニアでは腰痛のほかに、坐骨神経痛や間欠性跛行(かんけつせいはこう:歩いていると足がしびれたり痛くなり、座りたくなる)がみられます。
 加齢的変化のほかに、脊椎の病気には、化膿(かのう)性脊椎炎や結核性脊椎炎のような炎症疾患、がんの脊椎転移や原発性脊椎腫瘍、脊髄腫瘍のような腫瘍性疾患、二分脊椎や先天性側彎症のような先天性疾患があります。さらに外傷による脊椎圧迫骨折、脱臼(だっきゅう)骨折、脊髄損傷も重要な脊椎の障害です。
医師を探す

他の病気について調べる