ヘバーデン結節〔へばーでんけっせつ〕

 指のもっともさきにあるDIP関節の変形性関節症のことを指します。中年以降の女性に多くみられ、急性期には関節の発赤(ほっせき)、腫脹、疼痛(とうつう)がみられ、指をよく使うと悪化します。症状が軽快すると関節部に骨性隆起による変形(でっぱり)が残存するだけとなり、いわゆる「指が節くれた」状態となりますが、障害はほとんどありません。
 症状のある時期には消炎鎮痛薬の外用薬の使用や、テーピングによるDIP関節固定をおこなうことが有効です。
医師を探す