跛行

 歩くときにうまく体重を支えられず、足を引きずって歩くことを跛行(はこう)といいます。原因としては変形性股(こ)関節症などの下肢の関節症でよくみられます。腰部脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症で腰の神経が圧迫されたり、動脈硬化症で下肢の血管がつまる、また神経や筋肉のはたらきが障害されても跛行が生じます。
 腰部脊柱管狭窄症と下肢の動脈硬化症では間欠跛行といって、しばらく歩くと下肢の痛みやしびれで座りたくなり、しばらく休むとまた歩行が可能となります。腰部脊柱管狭窄症では腰を曲げると歩ける距離が長くなるのが特徴です。
医師を探す