男性型脱毛症(AGA)〔だんせいがただつもうしょう(えーじーえー)〕

 前頭部と頭頂部の髪の毛が軟化して細く短くなり、額の生え際が徐々に後退していき髪の毛がなくなる現象のことをいいます。“壮年性脱毛症”ともいいます。20歳代後半~30歳代にかけて症状がみられはじめ、40歳代以降に頭頂部の髪の毛が完全になくなります。なお、女性の場合は男性と異なり、頭頂部の髪の毛が広い範囲で薄くなります。
 男性型脱毛症には、遺伝と男性ホルモンがおもな原因として考えられています。男性ホルモンであるテストステロンからつくられるジヒドロテストステロン(DHT)が脱毛部分の頭皮にたくさん見つかっています。また、日常生活におけるストレスや不規則な食生活なども要因として考えられています。

[治療]
 デュタステリド・フィナステリド(男性ホルモン阻害薬)の内服、ミノキシジルの外用が中心です。その他育毛剤、自毛植毛術などあります。それとあわせて生活習慣の改善も心掛けるようにします。まずは、自己判断ではなく、専門医の指導のもと適切な治療を受けるようにしてください。
医師を探す