予防接種

 病原体あるいは細菌毒素の毒性を弱めたり失わせたりしたものをワクチンといいます。ワクチンを接種しておけば、発病することなく免疫反応の記憶を残すことが可能で、いざ本当の病原体が侵入してきたときに、すばやく免疫による防衛反応がはたらき、発病せずにすみます。ワクチンを接種することを予防接種といいます。
 ワクチンには、病原性を弱めた生きた病原体を使用する生ワクチンと、病原体や細菌毒素を不活化処理して病原性や毒性をなくし、免疫のもととなる成分を使用する不活化ワクチンがあります。

【参照】子どもの病気:予防接種
医師を探す