軟性下疳〔なんせいげかん〕

 軟性下疳菌によってひき起こされる性感染症で、以前は、淋菌感染症梅毒(ばいどく)についで多くみられていましたが、最近ではほとんどみられません。感染後2~7日後に、男性では亀頭、冠状溝の周辺、女性では大小陰唇(いんしん)、腟(ちつ)口などに痛みの強いジクジクとした潰瘍と鼠径(そけい)リンパ節の腫脹をみとめます。
 抗菌薬がよく効きますが、耐性化が速く、現在はアジスロマイシン、セフトリアキソンなどの抗菌薬が効果的といわれています。

(執筆・監修:自治医科大学 腎泌尿器外科学講座 講師〔泌尿器科〕 亀井 潤)
医師を探す