新しい傷の手当て

 まず出血にはガーゼなどを当てその上から手で圧迫するか、包帯をしてとめ、医師の治療を受けます。止血と細菌感染を防ぐことが、はじめの大切な手当てです(けがの処置)。
 災害やグラウンドでの運動中、労務作業中などでの傷は、細菌が付きやすいので以下のことをおこないます。
 傷の中の小さな異物はできるかぎり取り除きます。大きな異物や深く刺さっている異物は、その物で血がとまっていることがあり、とると大出血することがあります。とらずさわらず、けがをした部分を動かさないようにして急いで病院を受診します。
 医師は傷の大きさ、深さ、汚さを診たうえでできるだけ縫合(ほうごう)するようにします。医師は止血し異物を取り除き、壊死(えし)した組織を切り除き縫合し、一次治癒の治療をします。場合により、二次治癒や三次治癒の治療をおこなうこともあります。また、感染を予防するために、抗菌薬(化膿〈かのう〉止め)の薬の注射または内服をおこなうことがあります。
 医師は、開放創(縫えない、または縫わずに傷が開いたままの創)は軟膏(なんこう)を塗り、傷用のシール(またはガーゼ)で保護し包帯をします。傷を乾燥させるという考えはよくないことがわかっており、傷はある程度湿らせたほうがよいとされています。自宅ではすり傷などの開放創に軟膏(ワセリン)を塗ることは適しています。しかし、市販の軟膏にはオロナインH軟膏やリンデロン軟膏など副腎皮質ステロイド薬が入っていることがあり、かえって傷や肉芽(にくげ)にわるい影響を与えることがありますので注意しましょう。またパウダーの薬はおすすめしません。