クロム

 かつて学校の理科の実験室にはガラス器具などを洗うために、黄褐色の重クロム酸の入ったバケツが置かれていました。そこに入っている六価クロムイオンは有機物のよごれを強力に酸化してくれますが、同時に鼻や肺のがん、皮膚の潰瘍をひき起こします。そこで、メッキ工場や化学工場跡地などで六価クロムで汚染された土壌の処理が大きな問題になったことがあります。なお、三価のクロムや金属のクロムには、こういう毒性はありません。

(執筆・監修:帝京大学大学院 客員教授〔公衆衛生学研究科〕 矢野 栄二)
医師を探す

他の病気について調べる