話題

緩和ケア専門クリニック開設
患者のQOL向上に挑む

 大学病院など専門医療機関への通院患者を対象にした「緩和ケア」専門のクリニックが東京都内に昨年8月開設され、注目を集めている。緩和ケアは、終末期のがん患者の痛みを軽減するものだというイメージが強い。ただ、がんはもちろん、慢性心不全などの患者も対象とし、早期から患者の生活の質(QOL)を支える重要な治療だ。

 現在では治療開始当初からの緩和ケアの実施を国も求めているが、専門医等の資格を持つのは全国で1000人程度。比較的早期から取り組みが始まったがんの領域でも、医療機関によっては受けられる緩和ケアの時期や内容に濃淡がある。

治療開始から受けることが望ましい緩和ケア(国立がん研究センター・がん情報サービスより)

 ◇「併診」スタイル

 緩和ケア専門として開設されたのは、早期緩和ケア大津秀一クリニック。都内の住宅街にあり、疾患自体については専門の医療機関で治療を受けながら、緩和ケアを受けるためにこのクリニックを定期的に訪れる「併診」と呼ばれるスタイルになる。

 病状が進んで通院が難しくなった場合は、患者の自宅近くで訪問診療に取り組む医療機関を紹介する。また、2回目以降の診察に限られるが、テレビ電話システムを使って遠隔診療も受けられる。

 このクリニックを開設したのは、ホスピスや緩和ケア病床、大学病院の緩和ケアチームなどで緩和ケアに取り組んできた大津秀一医師だ。いまだに早期から緩和ケアを受けられる医療機関が少ないことから、「『ここに来れば必ず早期から緩和ケアを受けられる』という場所を一つでもつくりたかった」と開設の目的を説明する。

患者にリラックスしてもらうため白衣を着用しない大津秀一医師

 ◇痛みだけではない

 「緩和ケアイコール痛み止めではない」と大津医師は強調する。

 がんの進行に伴う疼痛(とうつう)に対してはモルヒネなどの医療用麻薬を含めた痛み止めが、以前に比べれば積極的に処方されるようになってきた。

 ただ、患者を悩ますのは痛みだけではない。身体症状に限っても吐き気や強い倦怠(けんたい)感、息苦しさや皮膚の炎症などと多岐にわたる。「痛み以外の症状にまであまり手が回っていない医療機関も少なくないのが実情だ。しかし、制吐剤や内服ステロイド剤、保湿剤などを適切に組み合わせて処方すれば、症状を大幅に軽減して患者のQOLを引き上げることができる」と大津医師は強調する。

 大津医師は、クリニックを受診した患者に対して必要に応じて薬を処方するとともに、治療に携わっている医師にその情報を提供している。

  • 1
  • 2

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会