PR

第6回 資産整理と財務改善、必要なのは早めの対応
【開業医のためのクリニックM&A】 岡本雄三税理士事務所・MARKコンサルタンツ代表 岡本雄三

 先日、「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」が発刊されました。この地方のレストラン536軒、宿泊施設92軒が掲載されています。

 ミシュランガイドは、1900年にフランスで創刊されました。ミシュランの社員であり、プロフェッショナルな知識を持つ調査員が五つの基準で匿名調査を行い、厳選したレストランや飲食店を紹介しています。

ミシュランガイドの創刊号。表紙に創刊年を意味する「1900」の数字が見える(AFP時事)

 一つ星、二つ星、三つ星の評価は、素材の質、料理技術の高さ、独創性、価値に見合った価格、そして常に安定した料理全体の一貫性など、いくつもの点が評価されます。世界の食通の方たちが注目し、支持しているガイドブックです。

 ガイドブックに掲載されたレストランの中に、自分が訪れたことのある店を捜された方もいるのではないでしょうか。私も、クライアントの医師に誘われて訪れたレストランをいくつか発見し、なんだかうれしい気分になりました。

 一方で、2012年4月から、製薬会社のMR(医薬情報担当者)による医師への「華美な接待」が禁止されて以来、医師接待専門の高級レストランが次々と廃業した記憶がよみがえりました。

 「良いものやサービス」を提供しさえすれば、必ず売れる時代もありました。ですが、顧客のニーズや市場の変化を敏感に捉え、環境変化に適応していくことが、持続可能な事業を行う上で、大切なことだと思います。

 ミシュランガイドに記載のレストランの多くは、素晴らしい価値を提供しているだけでなく、質の高い事業を継続していくためのヒントを与えてくれます。

 ◇資産に公私の線引きを

 さて、今月の本題に移りましょう。クリニックのM&Aを成功させる3番目のポイントは、資産の整理や財務内容の改善で、売れるクリニックに磨き上げることです。

 開業医の財務的問題で多いのが、個人の資産とクリニックの資産との線引きが曖昧になっているケースです。例えば、自宅、自家用車、ゴルフ会員権、リゾート会員権といった、事業に関係のない資産がクリニックの資産として組み込まれていることがあります。

 交際費なども、必要経費とプライベートの境目が曖昧になりやすいものの一つです。税務調査の時に指摘された経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 ◇曖昧で不利になることも

 財産の整理ができていないと、財務デューデリジェンス(買収対象の資産査定)の際に不利になることがあります。

 ゴルフやリゾートの会員権は、買い手側の医師が不要だと考えれば、譲渡価格の中に含めることができません。

 また、これらの経費が計上されている場合、利益が圧縮されているため、クリニックそのものの収益力評価にも影響します。

 不必要な経費や資産が財務諸表に混在していると、経営の実態が見えづらく、M&Aがスムーズに進まない原因になることもあるので、事前に整理や処分を考えましょう。

 事業に関係のない資産は、原則として売却します。医療法人の場合であれば、退職金の一部として現物支給を受けることも可能です。


  • 1
  • 2

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会