治療・予防

軽く見えても実は悪性=乳児期の点頭てんかん

 点頭てんかんとは、主に生後3~11カ月の乳児期に起こる悪性のてんかんで、頭を一瞬、前方に垂らすような動作を繰り返すのが特徴だ。「発作後に遊びだすこともあるほどで、発作自体に重篤感はありません。しかし、放置すると精神、運動両面で重度の発達の遅れを伴います」と東京女子医科大学病院(東京都新宿区)小児科の小国弘量教授は警鐘を鳴らす。

 ◇発作後に発達が退行

 頭を垂らす「点頭」はごく普通の動作だが、点頭てんかん発作の場合は、主に寝起きのタイミングで5秒から10秒置きに10回以上点頭を繰り返し、長いときは発作が10分以上続く。横になっている場合は、両手をピクッと左右対称に開く動きを繰り返す。こうした繰り返しをシリーズ形成と言い、最初は1日に1シリーズだったものが3シリーズ、5シリーズと増えていくという。

 発作の様子から日本では「点頭てんかん」という病名で知られているが、発見した医師の名前にちなんで「ウエスト症候群」とも呼ばれている。「首が据わり、喃語(なんご)も出てくる時期ですが、発作後2週間~1カ月くらいで笑わなくなったり首がぐらぐらしたりなど、それまでにできていたことができなくなる、発達の退行が表れます」と小国教授は説明する。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ