治療・予防

体温の高低と寿命の関係は=一喜一憂せず適度な運動を

 人間の平均体温はおおよそ35~37度だが、その幅の中でも高い人と低い人がいる。近年、「体温が高いと免疫力がアップするから健康にいい」とされる一方で、「低体温の方が体に害を及ぼすがん細胞などを活性化させないので長生きする」ともいわれる。一体どちらがいいのだろうか。

 ◇代謝が老化の原因?

 体温は高い方がいいという説の根拠は、冷え性が体調不良や腰痛の原因になるように、体温が低いと血液の循環が悪くなって免役力が下がり、さまざまな疾患を引き起こすからだ。だから「運動や食習慣を改めて体温を高くして免疫力を高めた方がいい」ということになる。

 一方、高体温が寿命に影響を及ぼすという考え方も昔からある。エネルギーをたくさんつくるために代謝が活発になると体温が上がるが、同時に体に悪影響を与える活性酸素が大量に発生し、結果的として体にダメージを与えて老化を進める原因になるというわけだ。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ