河島尚志 医師 (かわしまひさし)

東京医科大学病院

東京都新宿区西新宿6-7-1

  • 小児科
  • 副院長
  • 主任教授

小児科 神経内科

専門

感染免疫、膠原病、栄養消化器肝臓疾患、川崎病

河島尚志

河島尚志医師は、30年以上にわたって、小児感染症と免疫疾患の研究・臨床を行っている小児医療のエキスパート。難治性の免疫疾患や、近年注目されている自己炎症性疾患、便秘、肝臓疾患、川崎病、神経疾患等に幅広い疾患に精通している。2015年から小児科特別外来を開設。原因がわからない、治療が困難な患者の診断を全国から受け入れている。さらに複数の診療科にまたがる遺伝子診療センターの長を務め、各専門領域の医師による遺伝カウンセリングも受け付けも行っている。

診療を受けるには

受診にあたっては紹介状が必要。かかりつけ医療機関で紹介状を依頼し、外来担当表を確認の上、河島医師が担当する曜日に受診する。受診の際に河島医師の受診を希望する旨を伝える。河島医師の小児特別外来(予約制)は毎週月曜日14:30~15:30。予約は外来予約センター TEL:03-3716-8124。

医師プロフィール

1981年3月 東京医科大学卒業
1985年4月 同小児科臨床研究医、北里研究所ウイルス部に出張
1987年5月 大月市立中央病院部長
1988年11月 Children’s Hospital of Philadelphia (CHOP)リサーチフェロー
1990年5月  東京医科大学小児科助手
1995年5月  同講師
2012年7月  同准教授
2013年4月 より現職
2015年9月 東京医科大学病院副院長
2016年4月 東京薬科大学薬学部客員教授

所属学会

日本小児科学会専門医、感染症専門医、指導医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、臨床遺伝専門医、日本小児栄養消化器病学会認定医
日本小児科学会(代議員)、日本小児感染症学会(評議員)、日本小児栄養消化器病学会(運営委員)、日本ウイルス学会、日本感染症学会(評議員、英文誌編集委員)、日本神経感染症学会(評議員)、日本SIDS学会・乳幼児突然死予防(評議員・理事)、日本小児救急医学会(評議員)、日本小児循環器学会、日本リウマチ学会、日本臨床ウイルス学会、日本小児リウマチ学会(運営委員)、日本人類遺伝学会、日本臨床免疫学会、日本小児神経学会、日本小児保健学会、日本マス・スクリーニング学会、日本血液学会、日本肝臓学会
(更新日:2017年7月5日)

同じ疾病を専門とする医師一覧