治療・予防

失明原因にもなる強度近視=進行抑える研究に進展も

 近視や強度近視の人は世界中で増えており、2050年には約47億6000万人が近視に、9億4000万人が強度近視になるという予測がある。失明の原因になり、他の目の病気も合併しやすい強度近視について、慶応大学医学部(東京都新宿区)眼科学教室の鳥居秀成(とりい・ひでまさ)特任助教に話を聞いた。

 ◇緑内障の合併も

 光が角膜と水晶体を通って屈折し、網膜でピントが合うことで、人は物をクリアに見ることができる。成長に伴って目の奥行き(眼軸長)も長くなるが、幼児期はそれに合わせて角膜や水晶体の形が変化するため、網膜にピントが合っている。

 しかし眼軸長が伸び続けると、網膜の手前でピントが合うようになるため近視となり、眼軸長が伸び続けるほど近視の程度も強くなると考えられている。屈折値がマイナス6D(ディオプター)かそれを超える強度近視になると、他の目の病気も合併しやすくなるという。

 「緑内障や網膜剥離、視神経障害、近視性黄斑症など、失明リスクのある病気を合併しやすくなります」と鳥居特任助教。日本では、強度近視が失明(視覚障害1級)原因の第4位とされるが、合併症による失明も含めると、実際の失明リスクはもっと高いという。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ