治療・予防

「心の時間」とは何か
研究進む人の時間認知

 人は時計を見なくても何分経過したかを感じることができる。この認知機能の仕組みは、いまだに分かっていないことが多い。神経科学の分野で人の時間認知の研究を行っている昭和大学病院付属東病院(東京都品川区)の河村満院長(取材時、現客員教授)に聞いた。

 ◇時間の意識のずれ

 時計を見て「え、もうこんな時間?」と驚いた経験は誰にでもあるだろう。特に楽しいと感じていると、人は時間の経過を短く見積もる傾向がある。これが時間に対する意識、「心の時間」だ。

 実際の時間と時間感覚は大抵の場合、大きく狂うことはない。しかし、パーキンソン病やアルツハイマー型認知症などの病気を患うと、時間の意識が実際の時間と大きくずれてしまうことがある。

 「ある70代後半の患者さんは『自分は18歳』と話し、女学生になりきっていました。ところが、カレンダーを見てもらうと、一瞬で数十年の時間が経過し、実年齢と合致した会話を始めました」と河村院長。

 これは、病気によって脳の前頭葉や側頭葉と呼ばれる部分が障害を受け、自分の年齢の意識が現実と大きく異なってしまった例だ。脳が障害を受けると時間感覚が無くなり、「今が何時なのか」も分からなくなることも多い。「未来の予測もできなくなるので、旅行の計画なども立てられません」と河村院長は話す。

  • 1
  • 2

新着トピックス