治療・予防

女性の濃い体毛、潜む病気
卵巣異常や薬副作用も

 気温が上がり、肌の露出度が高くなるこれからの季節。体のラインはもとより、手足の体毛を気にする女性も多いのではないだろうか。エステティックサロンなどで脱毛はできるが、多毛の陰に他の病気が潜んでいる場合もあるので注意が必要だ。「多毛症外来」を設けるパレスクリニック(東京都千代田区)の春山喜一院長に話を聴いた。

 ◇卵巣や脳の異常も原因に

 男性型多毛症とは、体毛が異常に濃い女性の状態を指す。女性は副腎で男性ホルモンが作られ、その分泌量が多いと多毛になる。生理不順や生理痛になったり、頭頂部の毛髪が抜けたり、ニキビができやすい傾向もあるようだ。

 春山院長は「多毛症には体質的なもののほか、副腎や卵巣、脳下垂体の異常、ステロイド剤など薬剤の副作用、甲状腺や乳腺、肺の疾患が原因の場合もあります」と説明する。

 生まれつき多毛であっても、男性ホルモンが増える病気にかかっている可能性があるため、同クリニックではホルモンの定量を調べる血液検査をした上で治療を開始するという。

 「当院を訪れる方の約65%は体質的な多毛症ですが、35%は多毛症以外の治療も必要な方で、卵巣の病気や脳腫瘍が見つかるケースもまれではありません。検査で他の病気が疑われた場合は治療を優先し、提携している医療機関に紹介します」と春山院長は言う。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ