特集

加熱式たばこも「健康に有害」
専門医が警鐘―東京でシンポ

 喫煙時に目に見える煙が出ない点で、関心を集めた加熱式たばこ(用語説明参照)の利用者が急増中だ。しかし、喫煙による健康被害を重視してきた専門医らは「ニコチンやその他の発がん性物質を含むことに変わりはない」などと指摘している。約130の医療関係の専門学会が加盟する「日本医学会連合」は3月末、加熱式たばこが健康に及ぼす影響について公開シンポジウムを開催し、警鐘を鳴らした。

 「加熱式タバコと健康 使用実態・科学的評価の現状と今後の課題」と題し東京大学で開催されたシンポジウムには、医療関係者ら300人以上が参加。同連合理事でシンポジウムの企画委員の遠山千春東大名誉教授が「たばこの燃焼に伴う煙には有害成分が含まれ、健康に害を与えることは科学的エビデンス(知見)により明らかになっている」と指摘。「加熱式たばこについても使用実態や有害性などの現状を把握し、問題点を整理することが重要だ」とシンポジウムの狙いを説明した。

◇新たな受動喫煙

 この中で繰り返し採り上げられたのが、加熱式たばこのメリットとして「有害性成分は紙巻きたばこに比べて90%低減」「煙が出ないので、部屋を汚さない」などと健康へのリスクの少なさや副流煙が生じないことを強調するデータをメーカーなどが示していることだ。産業医科大学の大和浩教授(呼吸器内科)はこの点について、「ニコチンなどの有害物質はごく微量でも健康に影響を与える」と指摘した。

その上で、「ニコチンなどの有害物質の量と健康へのリスクは正比例しない。加熱式たばこのエアロゾル(霧やもや)の中にも、ニコチンなどの有害物質は含まれている」と強調。さらに、加熱式たばこ各メーカーが作成した注意文書にも「『本製品の健康に及ぼす悪影響が他製品と比べて小さいことを意味するものではない』などと記載している」と補足した。

 また、人間の呼吸器には、吸い込んだ息の一部を肺に届かせないまま吐き出す性質があることを踏まえ、加熱式たばこの喫煙者が吐き出した息を特殊なレーザーで可視化した画像を提示。「一度吸い込まれ、吐き出されたニコチンなどを含んだエアロゾルの一部は2~3メートル先まで拡散している。加熱式たばこでも周囲の人に健康被害を生じさせるリスクはある」とし、「新しい受動喫煙」とも呼ぶべき問題が予想されると強調した。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ