CDIメディカル医療インサイト

(第4回)IT活用で注目、「大健康」産業
中国で進化するメディカル・ヘルスケア

 ◇「大健康」は日本の未来図か

 中国では他にも多くのプレーヤーが〝IT+医療〟による顧客の囲い込みを目指し、健康管理プラットフォームの確立に注力しています。政府が国を挙げて後押しする中、日本を凌駕(りょうが)する規模とスピードで成長している領域で、新しい健康管理インフラの形が確立されるのも、そう遠くはないように思われます。

 中国の「大健康」を単なる一過性の健康ブームとして捉えるのではなく、あり得るかもしれない〝日本の未来図〟として、継続的に動向を見続けていくことが大切なのではないでしょうか。(萬健治郎


 株式会社CDIメディカルは、国内発の独立系経営戦略コンサルティングファームであるコーポレイトディレクションが設立した、メディカル・ヘルスケアに特化した経営戦略コンサルティングファームです。業界に関する専門的知見と、国内外医療関係者との密接なリレーションシップを基盤として、企業や医療機関の経営課題を解決すべく、さまざまなサービスを提供しています。
◇本社所在地 東京都品川区東品川2―2―4 天王洲ファーストタワー23階 電話 03(5783)4130

萬健治郎(よろず・けんじろう) 株式会社コーポレイトディレクション副査。東京大学教養学部卒、株式会社新日本科学を経て、現在に至る。

→〔第5回へ進む〕医療機器の高度、複雑化をどう学ぶか 教育現場の課題、役割担うメーカーも

←〔第3回に戻る〕中小企業が支えるドイツ医療機器 国が後ろ盾、政府予算投入

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会