治療・予防

下がってもまた上がる
繰り返す子どもの熱

 幼い子どもには、熱がいったん下がっても、また上がるという繰り返しが多い。病気への抵抗力が弱いだけではなく、保育所や幼稚園に通い始めるなど慣れない環境に体力を消耗し、熱を出すこともあるようだ。きららこどもクリニック(大阪市)の川尻三枝院長に聞いた。

 ◇熱は体の防御免疫反応

 子どもの体温は大人よりも高めで、体温の調節もうまくできない。室温が高い保育所や幼稚園に通い始めるなど、環境の変化によっても体温が上がる場合がある。川尻院長は「子どもの体温が37度を超えると心配されるお母さんが少なくありませんが、まず普段からわが子の平熱を知っておくことです」と強調する。

 体温は1日のうちでも変動し、夕方にかけて高くなる。1日に数回、決まった時間に体温を測るようにしておけば子どもの平熱が分かる。病気による発熱かどうかも判断しやすくなるという。

 子どもの発熱で多いのは、細菌やウイルスの感染症によるものだ。中でも、夏風邪や突発性発疹症、インフルエンザ、プール熱(咽頭結膜熱)は高熱が続く。発熱は細菌などの侵入から体を守る防御免疫反応だが、幼い子どもの場合、その防御反応が活発で高熱が出やすい。

 ただ、一度熱が下がっても、防御システムが未熟なため、再び細菌などの動きが活発になり熱が上がってしまう。こうして完治まで上がったり下がったりを繰り返しながら、徐々に平熱へと落ち着いていくのが子どもの発熱の特徴でもある。

  • 1
  • 2

新着トピックス