PR

田村功一教授、川口賞を受賞!
第60回神奈川医学会総会・学術大会

 横浜市立大学学術院医学群の田村功一教授(循環器・腎臓・高血圧内科学教室主任教授)が、平成30年11月23日(金・祝)に神奈川県総合医療会館(横浜市中区)で開催された第60回神奈川医学会総会・学術大会において川口賞を受賞し、表彰を受けました。

田村功一教授

 この賞は、毎年11月に開催される神奈川医学会総会・学術大会において学術的に功績のある会員に対して授与されます。

 川口賞は、川口良平先生(元神奈川県医師会会長)にちなみ平成9年度に創設され、学術功労者表彰受賞者と、県下4大学医学部(北里大学、聖マリアンヌ医科大学、東海大学、横浜市立大学)から「神奈川県医師会員であって基礎医学の研究に携わり、功績のあった者」として推薦された方の中からそれぞれ1名をそれぞれ選出し、合計2名を表彰するものです。

 今回の田村教授の受賞は、研究対象である心血管腎臓病に係る数多くの著書、論文、加えて国内外での学会、研究会発表など一連の学術的功績が評価されたことによります。

【プロフィール】
田村功一(たむら・こういち)教授
〔研究分野〕腎臓内科学、循環器内科学、内分泌・代謝学、老年医学、血液浄化療法など
〔略歴〕
1994年 横浜市立大学大学院修了
 94年 日本学術振興会特別研究員(PD)
 98年 日本学術振興会海外特別研究員(米国Harvard大学医学部内科
リサーチフェロー)
2000年 藤沢市民病院腎臓科医長
 07年 横浜市立大学医学部循環器・腎臓内科学准教授
 10年 横浜市立大学先端医科学研究センターサブプロジェクトリーダー
 16年 横浜市立大学医学部循環器・腎臓内科学主任教授
 17年 横浜市立大学医学部循環器・腎臓・高血圧内科学主任教授
 18年 横浜市立大学附属病院副病院長

新着トピックス