一流の流儀 「信念のリーダー」小久保 裕紀WBC2017侍ジャパン代表監督

(第1回)侍ジャパンを率いて
つらいバッシングの時期

 2017年のWBCで小久保ジャパンが日本のファンに残した記憶は、世界一こそ逃したものの、とても爽やかだった。

WBSCプレミア12の準決勝で敗れ、厳しい表情を見せる小久保監督=2015年11月19日、東京ドーム
 小久保裕紀さんはプロ野球の球団に入団した頃から、「将来、監督になれるような選手として頑張りたい」と目標を話していた。この点を確認すると、「誰にでも人生のプランはあると思いますが、僕は、将来的に監督の話が来るような器でなければならないという気持ちで歩んできました。監督としても一つ名前を残せるような監督になりたい、そして最終的には侍ジャパンの監督になりたいと思っていたら、監督をする前に侍ジャパンの話が来ました。いきなりでしたので、戸惑いはありました」と振り返る。

 初の監督経験では、つらい時間も長かった。中でもWBCの前哨戦に当たるWBSCプレミア12の準決勝は忘れられない、15年11月19日の韓国戦で、侍ジャパンはまさかの逆転負け。継投の失敗による敗戦と責められる中、「全責任は自分にあります」とテレビカメラの前で話して以来、小久保さんに対するバッシングはWBCの第2ラウンド、17年3月12日に延長11回の死闘を制したオランダ戦まで実に2年半も続いた。

 「プレミア12終了後はマスコミに追い掛けられて、しばらく家に帰るのが怖かった。あの1敗で、『マスコミはこうも変わるのだ』ということを目の当たりにしましたし。あそこまでバッシングされて平気な精神状態だとしたら、もう『いってしまっている』人でしょう」と笑う。

  • 1
  • 2

一流の流儀 「信念のリーダー」小久保 裕紀WBC2017侍ジャパン代表監督

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会