奥田準二 医師 (おくだじゅんじ)

大阪医科大学附属病院

大阪府高槻市大学町2-7

  • がん医療総合センター
  • 特務教授
  • 先端医療開発部門長(消化器外科)

消化器外科 がん 外科

専門

下部消化管外科(大腸肛門外科)・内視鏡外科・先端医療開発、腸疾患(主に大腸がん、他に炎症性腸疾患、憩室炎など)

奥田準二

奥田準二医師は、2014年4月より大阪医科大学附属病院がんセンター 特務教授に就任し、消化器外科での診療も継続しており「腹腔鏡下大腸切除術」と「究極の肛門温存術」のスペシャリストとして国内外で広く認知されており、その実績(手技、手術件数・成績)もトップクラスの評価を受けている。
2002年2月フランスにおいて日本人外科医として初めて腹腔鏡下大腸手術の公開手術を行い、以後、国内、欧米、アジア諸国で数多くの依頼手術や公開手術に積極的に応えている。さらに「近畿内視鏡下大腸手術研究会」「次世代の内視鏡下消化管手術セミナー」「骨盤内視鏡外科セミナー」の3つの国内研究会の代表世話人であり「Team J Seminar」を介して欧米やアジア諸国などの海外とのネットワークやコラボレーションも発展させている。

診療を受けるには

奥田医師の外来は、月曜の午前のみ。受付は8:30~11:00。医療機関より大学病院の医療連携室(TEL:072-684-6338、FAX:072-684-6339)へ連絡のうえ予約をとる。
紹介状はあったほうがよい。(ない場合は、選定療養費が加算されるほか、臨時の休診日や待ち時間が長くなる可能性がある)。退院後の経過観察は紹介医や地元のかかりつけ医などと、医療連携をメインにするように配慮。セカンドオピニオンも要予約。
毎週火曜日、鳳胃腸病院(http://www.otori-icho.jp/ TEL:072-273-2821)で午前は随時診察や大腸内視鏡検査、午後は執刀と指導で腹腔鏡下大腸手術を行っている。

他の勤務先

■ 鳳胃腸病院
大阪府堺市西区上653-1
TEL: 072-273-2821

医師プロフィール

1958年 大阪市生まれ
1984年 3月 大阪医科大学卒、 同年6月 大阪医科大学一般・消化器外科入局
1984年 6月~86年6月 臨床研修(南大阪病院での臨床研修含む)
1986年 6月~1990年6月 姫路中央病院 胃腸科外科医員
1990年 6月 大阪医科大学一般・消化器外科 専攻医
1995年 5月 同 助手
1996年 4月~10月 米国オハイオ州、Cleveland Clinic 大腸外科留学(RF)
1997年 9月 大阪医科大学一般・消化器外科 内視鏡外科チーフ
2001年 5月 同 講師
2003年 2月 同 大腸外科チーフ
2003年 4月 同 診療助教授
2005年 4月 同大学病院 消化器外科 医長
2007年 4月 同 准教授
2007年 8月 同 下部消化管外科班(大腸外科チーム) 指導医
2014年 4月 大阪医科大学附属病院 がん医療総合センター 特務教授
2021年 4月 大阪医科薬科大学病院 がん医療総合センター 特務教授(現在に至る)
2021年 4月 同 消化器外科下部消化管外科班(大腸外科チーム) 指導医(現在に至る)

所属学会

日本外科学会 外科専門医・指導医、日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医、日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医(大腸)、ロボット支援手術[直腸]プロクター(手術指導医)・評議員、日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・指導医・評議員、日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医、日本ロボット外科学会 専門医、日本消化管学会 専門医、日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、日本臨床外科学会 評議員
Fellow of American College of Surgeons (FACS)
アメリカ消化器内視鏡外科学会(SAGES) Active member
Faculty of IRCAD(フランス 欧州内視鏡外科センター IRCAD/CRS指導医)
次世代の内視鏡下消化管手術セミナー 代表世話人、骨盤内視鏡外科セミナー 代表世話人、近畿内視鏡下大腸手術研究会 代表世話人、医学博士
インテュイティブサージカル社認定 ロボット支援直腸手術メンター(指導医)

主な著書

『両極からみた次世代の腹腔鏡下直腸癌手術』(2013年 永井書店) 
『“Team J”が贈る最先端の内視鏡下大腸手術―単孔式からロボット手術まで』(2011年 永井書店) 
『腹腔鏡下大腸手術の基本手術手技』(2010年 中外医学社) 
『奥田準二のエキスパートテクニック 2―要点イラストとライブ音声解説ビデオで視る 腹腔鏡下結腸右半切除術』(2010年 中外医学社) 
『奥田準二のエキスパートテクニック 1―要点イラストとライブ音声解説ビデオで視る 腹腔鏡下低位前方切除術』(2010年 中外医学社) 
『腹腔鏡下大腸手術の最前線〈2〉大腸疾患に対する外科治療の新戦略』(2006年 永井書店; 改訂第2版) 
『腹腔鏡下大腸手術の最前線』(2002年 永井書店) 

医師発信欄

大腸がんの治療がわかる名医のWebサイト(大阪医科大学 奥田準二医師):
http://www.osaka-med.ac.jp/~sur000/profile/Okuda/index.html
大阪医科大学附属病院 がんセンター 先端医療開発部門(消化器外科):
http://hospital.osaka-med.ac.jp/cancercenter/html/section/advanced/advanced03.html#greeting
(更新日:2021年12月21日)