石川友章 医師 (いしかわともあき)

医療法人社団方伎会 石川クリニック

東京都日野市高幡6-3 石川ビル1F

  • 内科、胃腸科、小児科、神経科、精神科、皮膚科
  • 理事長、院長

内科 東洋医学 小児科

専門

漢方治療(内科 胃腸科 小児科 皮膚科 神経科(心療内科))、冷え症

石川友章

石川友章医師は、漢方医学を用いて、冷え症をはじめ、更年期障害・アレルギーからインフルエンザ・がんまで万病を診療する。「しゃっくり」のような、西洋医学では扱われない症状でも、漢方なら治療法があるという。慈恵医大で西洋医学を学び、内科医となったが、ステロイド、免疫抑制剤や抗生剤中心の医療に疑問を抱き、漢方の道へ。「漢方薬とは生薬の組み合わせを指すのではなく漢方医学の診断法を用いて処方を診たてること」と説く。診療のかたわら母校で教鞭をとり、伝統医学の継承にも尽力している。

診療内容

「漢方薬は生薬の組み合わせで作られておりますが、その基本は漢方医学の診断法を用いて、その人に合う処方で診たてたものを指します。診たてた処方を漢方薬と呼び、症状を聞いただけで漢方的な脈診や腹診をせずに処方されたものは単なる民間薬です。漢方医学の診断法とは「基本となるのは 「四診」です。患者さんに最もあった漢方薬を導きだすために行います。四診とは「望診」「聞診」「問診」「切診」のことで、自覚症状だけではなく、体質や心の状態まで細かく把握するための診断法です。「望診」は、患者さんの状態を眼で見て観察することです。顔色や表情、肌のつやなどから体型、動作などから診断します。全体の立ち居振る舞いを診ることから、全体観と呼ぶこともあります。特に大切なポイントは「舌」です。舌は内臓の状態と深い関係があり、内臓に病気があると、舌に異変が現れるからです。 舌の診断を漢方では「舌診」といいます。「聞診」では、患者さんの声の調子や呼吸から病気の状態を診断します。咳や口臭がある場合、その状態を把握することも聞診になります。 咳は肺の、口臭は消化器系の病気と関連があります。「問診」では、患者さんに病気に関することを質問します。 自覚症状やこれまでの病気の既往歴、食べ物の好み、ライフスタイル、仕事、月経の様子など、様々な事柄を聞きます。西洋医学に馴染んでいるみなさんは、症状を伺っても、咽頭炎ですとか副鼻腔炎ですとか病名を言う場合が多いですが、漢方の場合は症状を中心に考えるので、喉が痛い、だるい、足がむくむ、なんとなくイライラする、足の裏がほてる、足の裏がぴりぴり痛いとか、具体的に聞いています。「切診」は、患者さんに直接触れて病気を診断する方法です。「切」とは中国語で「接」のこと。大きく分けて、脈を診る「脈診」と腹部を診る「腹診」があります。患者さんの身体を押したり、さすったり、脈の状態をじかに調べることで身体の内部の状態を知ることができるのです。漢方には「妊娠の脈」というのもあるんですよ。脈を診るだけで妊娠しているかどうかが判ります。エコーで調べなくてもね。精神状態も脈診で判ります」そして病気の原因は「気血水」という考え方に従ってあらわされる。
「気血水の3つが体内を循環することによって、私たちの健康は保たれており、どれかが不足したり、流れが滞ったりすると、身体の不調が起こるというのが基本的な考え方です。「気」は循環して生命を支える目に見えないエネルギー。「血」は主に血液や体を構成するもととなるもの。「水」は体の水分を指し,リンパ液や汗などにあたります」
さらに漢方には、病気を太陽(たいよう)・陽明(ようめい)・少陽(しょうよう)・太陰(たいいん)・少陰(しょういん)・厥陰(けっちん)の6つの時期にわける考え方もある。
「病気は時期によって変化しますからね。最適な処方も、病期によって変わるのです」
「四診」「気血水」「病期」の3つを考え合わせて、その人にあった漢方薬を処方するのが漢方医学なのである。
「漢方医学は精緻な医学です。たとえばチフスの治療法なども、かつて大流行した時期に生き残った人々が、どういうことをしていたのかを調べて生まれた処方です。抗生剤がない時代に、免疫力を高めて治したのです。生き残ったということは、壮大な人体実験をしたのと同じです。漢方の診断法に従い、きちんと処方すればしっかりとしたエビデンスがある治療学なのです」

医師プロフィール

1970年3月 東京慈恵会医科大学卒業
1977年6月 東京慈恵会医科大学附属第三病院内科に入局
1989年 漢方を中心とした内科クリニックを日野市高幡に開業
1995年 医療法人 方伎会を設立。理事長、石川クリニック院長
現在に至る

2005年 東京慈恵会医科大学非常勤講師(漢方担当)
2007年4月 東京慈恵会医科大学客員教授 就任
現在に至る

2011年6月 日本東洋医学会会長及び日本臨床漢方医会監事