武田卓 医師 (たけだたかし)

近畿大学東洋医学研究所附属診療所

大阪府大阪狭山市大野東377-2 近畿大学医学部附属病院3F

  • 近畿大学医学部附属病院 漢方診療科
  • 所長、教授

東洋医学 婦人科 内分泌科・糖尿病

専門

漢方診療、産婦人科、内分泌、女性心身症、婦人科腫瘍、分子生物学、冷え症

武田卓

武田卓医師は、近畿大学東洋医学研究所長赴任を機に産婦人科医としての専門性を生かした女性漢方外来と冷え症外来とを開設。従来からの東洋医学の枠組みにとらわれず、西洋医学の確かな専門性を持ったうえでの漢方治療を実施。併行して研究活動を続けており、分子細胞生物学手法により「子宮筋腫に対する新しい治療薬開発」について生薬中の有効成分を利用した基礎研究を行っている。2009年には「ヒト子宮筋腫モデル動物の作製方法」、2014年には「漢方配合お香」で特許出願。東北大学では再診患者と臨床試験参加患者のみ診察を行う。

医師プロフィール

1987年 大阪大学医学部 卒業、大阪大学医学部産婦人科研修医
1988年 大阪回生病院産婦人科医員
1991年 大阪大学院博士課程
1996年 大阪府率成人病センター婦人科医員
1997年 大阪大学産婦人科助手
1998年 大阪府立母子保健総合医療センター産科診療主任・医長
2001年 大阪大学医学部産婦人科助教
2004年 大阪府立成人病センター婦人科副部長
2007年 大阪大学医学部産婦人科助教・学内講師
2008年 東北大学先進漢方治療医学講座准教授
2012年 近畿大学東洋医学研究所所長、同女性医学部門教授、東北大学産婦人科客員教授
(更新日:2014年6月17日)

「更年期障害」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会