嶋田豊 医師 (しまだゆたか)

富山大学附属病院

富山県富山市杉谷2630

  • 和漢診療科
  • 診療科長 教授

東洋医学 内科

専門

漢方医学、内科全般

嶋田豊

嶋田豊医師は東洋医学と西洋医学を融合した、現代における漢方医学の全人的治療を行っている。冷えや虚弱、更年期障害、胃腸障害、アトピー性皮膚炎、生活習慣病など、様々な疾患・症状に対して、個人個人の体質に合わせたオーダーメイド治療を、漢方診療を通して実践している。動脈硬化進展予防における桂枝茯苓丸の有用性、血管性認知症に対する釣藤散の有用性を明らかにするなど、研究面での業績も多い。

診療を受けるには

新患の診療は予約制。受診については和漢診療科外来に、問い合わせる。受診時は、できるだけかかりつけ医の紹介状を持参する。

医師プロフィール

1982年3月 富山医科薬科大学医学部 卒業
1982年5月 富山医科薬科大学附属病院和漢診療室入局
1993年3月 富山医科薬科大学附属病院和漢診療部助手
1996年1月 富山医科薬科大学附属病院和漢診療部講師
1999年4月 富山医科薬科大学医学部和漢診療学講座助教授
2003年12月 富山医科薬科大学医学部和漢診療学講座教授
2005年10月 富山大学医学部和漢診療学講座教授

所属学会

日本東洋医学会漢方専門医・指導医・代議員、和漢医薬学会理事・評議員、日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医

主な著書

『NHKきょうの健康 漢方薬事典:医師からもらう全148処方完全ガイド』(2012年 主婦と生活社)
(更新日:2021年9月7日)