渡邉賀子 医師 (わたなべかこ)

麻布ミューズクリニック

東京都港区麻布十番2-18-2 ビアンプラーセアザブ1F

  • 女性内科、漢方内科
  • 名誉院長

内科 東洋医学

専門

漢方医学、冷え症

渡邉賀子

渡邉賀子医師は1997年に北里研究所・東洋医学総合研究所にて日本初の「冷え症外来」、2003年に慶応義塾大学病院漢方クリニックにて女性専門外来「漢方女性抗加齢外来」の開設にそれぞれ携わる。2004年には女性専門外来の麻布ミューズクリニックを開院。現在は、同クリニックや熊本の帯山中央病院(理事長)・慶応義塾大学病院(非常勤講師)での診療のほか「ウーマンウェルネス研究会」の主任研究員を務めるなど、より健康で美しい女性の一生をサポートするための診察・研究活動を続ける。

診療内容

女性専門外来の同クリニック名誉院長として、女性の健康と美をサポートする診察を行う渡邉医師。その診療は、漢方薬を使った漢方治療が中心である。
「女性の心身の不調の場合、あちこちの診療科をまわった挙句、どこでも『異常なし』と言われて治療の対象とならないことも少なくありません。漢方では、実際につらい症状があれば、漢方医学的診察をして漢方薬を処方したり、生活の見直しのアドバイスをするなどして、解決方法を一緒に見つけていきます。また鍼灸治療を併用することもあります」(渡邉医師)
病気や症状はもちろん、体質や性格といった一人ひとりの背景も含め、女性の身体と心を総合的にとらえた診察・治療を行う。さらに疾患治療だけでなく、疾病予防と健康維持を目的にしているのも特徴的である。
「漢方には『未病』という考え方があります。未病とは、病気と診断される前に表れるさまざまな不調のこと。この未病の段階で治していくことが大切で、それによって疾病予防や健康維持ができると考えられています。冷え症も未病のひとつであり、身体が冷えるだけでなく、さまざまな疾病の元になっているのです。そして、冷え症の大きな原因は過労やストレスによる自律神経やホルモンのバランスの変化。心の問題も、身体の不調と大いに関係しているのです」(渡邉医師)
ホルモンなどの微妙な変化に左右される心身の不調は、臓器や細胞の異常をチェックする西洋医学的な検査だけでは捉えきれないことも少なくない。「不定愁訴(とりとめのない訴え)」「自律神経失調症」という病名でひとくくりにされてしまうことがほとんどであり、その治療の手立てがないものも多いのだという。
「一方『心身全体のバランスを診る』という漢方医学では、明らかな異常個所がなくても、心身のアンバランスを整えていくことで治療ができます。豊富な漢方薬を処方したり、生活習慣を見直すなどによって、諸症状を改善できることが多いのです」(渡邉医師)
漢方というと煎じ薬をイメージする人も多いかと思うが、同クリニックで処方されるのは、エキス剤(煎じ薬を濃縮し、顆粒状などにしたもの)がほとんど。安全性も高く、手軽に飲めるのが特徴である。
「漢方薬は、自然の生薬を使った副作用の少ない薬身体のバランスを整えていくことです。症状や病気にもよりますが、慢性疾患の場合は効果が表れるまでに時間がかかることも。まずは約2週間試して副作用の有無や効き目を確認し、その人に合った薬を見つけていきます。3ヵ月くらいすると、効果が実感できると思います。ただし風邪、腹痛など急性初期の症状の場合、すぐに効き目を感じることも多いんですよ」(渡邉医師)
なお、診察の際は血液検査を実施し(3ヵ月以内に検査をした場合は、その結果を持ってくれば検査は不要)、西洋治療薬のほうが効果的な病気や症状には、そちらを処方することもある。どのような訴えでもあっても大切な材料としてアプローチしていく漢方医学を中心に、辛い症状を抱える女性を丁寧に診察する――そんな同クリニックには今日も「心身ともに健康で美しくありたい」と願う女性の来院が後を絶たない。

医師プロフィール

1987年 久留米大学医学部 卒業
1987年 熊本大学第三内科入局
1990年 近畿大学東洋医学研究所 助手
1993年 北里研究所東洋医学総合研究所 研究員
2003年 慶応義塾大学医学部漢方医学講座 非常勤講師
2004年 麻布ミューズクリニック開業
2011年 医療法人祐基会 帯山中央病院 院長
2012年 医療法人祐基会 帯山中央病院 理事長