山田享弘 医師 (やまだたかひろ)

金匱会診療所

東京都中央区八重洲1-6-2 八重洲1丁目ビル4F

  • 東洋医学漢方専門
  • 所長

東洋医学 アレルギー科 内科

専門

漢方全般、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などアレルギー疾患、関節リウマチなど疼痛性疾患、婦人科疾患等

山田享弘

山田享弘医師は日本の代表的漢方医療施設を率い、東洋医学会の指導的立場にある。日本漢方の伝統的な手法に則った診療を行い、品質の高い生薬で湯液中心のオーダーメイド治療を行っている。漢方的診断である「証」を正しく決定するため必ず脈や腹を診る。安全安心を第一に考え、できる限り国産の生薬にこだわり、残留農薬や重金属の試験をクリアした生薬のみを使用。撰品にあたっては科学的な分析は当然として、伝統伝承も大切に考え古典を熟読し、鮮度・味・匂い・色調・充実度・潤いなども重視している。

診療を受けるには

山田医師の診察は火曜と第2・4木曜の午後、水曜の午前、金曜、第1・2・4土曜の午前と午後。予約及び紹介状は不要。待ち時間はそれほど長くない。医師の指名可能。

医師プロフィール

1981年3月 東京医科大学 卒業
1981年4月 同愛記念病院内科研修医
1987年3月 東京医科大学医学博士取得
1987年4月 医療法人社団金匱会診療所にて漢方治療を始める

所属学会

日本東洋医学会前理事、日本東洋医学会認定漢方専門医・指導医

主な著書

『漢方処方 応用の実際(山田光胤原著改訂版)』(2012年 南山堂)
(更新日:2018年2月23日)