神戸克明 医師 (かんべかつあき)

日暮里リウマチクリニック

東京都荒川区東日暮里5-52-2 神谷ビル新館3F

  • 整形外科・リウマチ科
  • 院長

整形外科 リウマチ科

専門

整形外科、肩関節外科、リウマチ科

神戸克明

神戸克明医師は、五十肩(四十肩)、腱板断裂、関節リウマチなどを診療する、肩関節疾患の名医。肩関節では特に五十肩の関節鏡視下手術を考案・工夫してきた医師であり、五十肩・腱板断裂に関しては2003年より600例を超える執刀実績を持ち、五十肩手術件数においては国内で屈指の医師。現在は同クリニックで外来診療を行い、都内の同グループ内病院にて4Kカメラを搭載した最新の肩関節鏡により毎週火曜日に肩関節手術を行っている。

医師プロフィール

1991年 群馬大学医学部卒業
2000年 同大学院で修了学位取得後、米国ペンシルバニア州立大学整形外科留学
2006年 東京女子医科大学東医療センター整形外科准教授
2017年 自治医科大学特命教授を経て
2018年6月 福寿会 日暮里リウマチクリニック院長
(更新日:2019年12月12日)