筒井廣明 医師 (つついひろあき)

  • スポーツ整形外科
  • NPO法人スポーツ・健康・医科学アカデミー 理事長

整形外科 外科

専門

スポーツ障害肩(主なスポーツ種目は野球・バレーボール・テニス・ゴルフ)、肩関節周囲炎(五十肩)、腱板損傷・腱板断裂、関節唇損傷(SLAP損傷)、動揺肩・不安定肩、インピンジメント症候群

筒井廣明

テレビ等のメディアにも多数出演し「肩の名医」として知られる筒井廣明医師は、腱板断裂を含む五十肩や、多くのスポーツ選手の肩を治療し、肩こりなども治してきた肩関節のエキスパート。肩関節は体のあらゆる部分が筋肉と腱と骨と関節でつながっており、つながりを理解し、全体的な影響を考えた治療を行っている。立ち上げから関わっている昭和大学藤が丘リハビリテーション病院では、整形外科と理学療法士との密な連携を構築し、手術のみならず運動療法の開発研究も積極的に行った。退任後はNPO法人MeSSHを立ち上げ、スポーツ選手にかかわる整形外科医やメディカルスタッフ・トレーナー、選手や患者さんに対し、肩、肘関節疾患を中心とした治療・啓もう活動を行っている。

診療内容

筒井医師が考える良い医者は、患者の質問にちゃんと答えて、納得の行く説明をしてくれる医者であり、説明を理解し、納得した上で治療を受けてほしいと言う。
自分の立ち振る舞いを写真やビデオを撮ると、それが整形外科の障害といわれる病気の原因になっていることもある。レントゲンで異常が見つからなくても、目つき、顔つき、姿勢、話す態度や本人が気がつかない生活内容にヒントが隠されていることもある。
筒井医師は、肩の痛みを診ながら、姿勢、生活環境、生活習慣、体質、服装、アクセサリー、歯のかみ合わせまで、実に幅広い要素を鑑みながら診療を行っている。
治療のゴールは、個々人のニーズに応じた「最適」をテーラーメイドの治療でめざす。
「肩の痛みと言えども、治療は全人医療です。手術や薬物療法だけでなく、痛みの出ない身体の使い方の指導など、理学療法士などとも協力し、チーム医療で行うことが大切です。」
退任後に立ち上げたNPO法人MeSSH(メッシュ)では、整形外科医やメディカルスタッフ・トレーナーの研修指導を行い、チーム医療の質の向上を推進し、一方、スポーツ選手や患者さんに対しても、肩、肘関節疾患を中心とした障害発生の予防や治療の啓もう活動を行っている。

医師プロフィール

1976年 昭和大学医学部卒業
1995年 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院整形外科助教授
1999年~2007年 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院病院長
2010年~2016年 昭和大学教授、大学院保健医療学研究科担当、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院スポーツ整形外科教授
2016年 昭和大学教授退任 NPO法 人スポーツ・健康・医科学各アカデミー(MeSSH) 理事長
現在に至る