谷諭 医師 (たにさとし)

東京慈恵会医科大学附属病院

東京都港区西新橋3-19-18

  • 脳神経外科 教授
  • 附属病院 副院長・医療安全管理部部長

脳神経外科 外科

専門

脊椎・脊髄疾患、肩こり、腰痛、スポーツ関連頭部外傷

谷諭

谷諭医師は脊椎・脊髄治療の専門医であり、頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症など、脊椎脊髄疾患の手術などにあたっている。脳神経外科的見地から、肩こり患者や腰痛患者の診療も実施。スポーツにおける脳への打撲や衝撃などダメージに対する診断・治療の第一人者でもあり、日本ボクシングコミッション健康管理委員会委員長・理事、日本テニス協会や日本サッカー協会の医学委員としても活躍している。東京慈恵会医科大学附属病院副院長として、病院のマネージメントにも当たっている。

医師プロフィール

1979年3月 東京慈恵会医科大学 卒業
1979年5月 東京慈恵会医科大学脳神経外科
2005年7月 東京慈恵会医科大学中央手術部部長
2008年6月 東京慈恵会医科大学脳神経外科教授
2009年10月 トロント大学脳神経外科客員教授
2016年4月 東京慈恵会医科大学附属病院 副院長・医療安全管理部部長
(更新日:2018年12月12日)

「腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会