三島克章 歯科医師 (みしまかつあき)

山口大学医学部附属病院

山口県宇部市南小串1-1-1

  • 歯科口腔外科
  • 科長
  • 歯科口腔外科学講座 教授

歯科 歯科口腔外科

専門

口唇口蓋裂、顎変形症

三島克章

三島克章歯科医師が教授を務める、歯科口腔外科学講座では、口腔・顎・顔面の形態と機能の解析法の開発、口腔癌遺伝子異常の解析、抗癌剤による細胞死誘導に関する研究、細胞周期を分子標的とした口腔治療への基礎的検討を柱とした研究に取り組んできた。今後は、治療成績の向上を目指し、世界に向けてエビデンスが発信できるように臨床研究を進め行きたいと語る。
 また、三島歯科医師が診察を行う上で、標準治療をベースとした治療方針について、患者さんとその家族に十分理解頂けるように分かりやすい説明を心がけ、納得したうえで治療を進めるようにしていると言う。得意とする治療は、出生直後の哺乳指導から始まり、初回の口唇裂形成術、口蓋裂形成術を行い、引き続き言語治療、咬合形成を実践して、成長終了まで継続して、成長・発育に応じた治療を適応する「口唇口蓋裂に対する一貫治療」だ。
 そして今一番力を入れていることは、口唇口蓋裂治療において、見た目である口唇と外鼻形態、言語機能、咬合・咀嚼機能を健常人と同じレベルまで改善することを目標に、手術方法や治療方法の改良、治療成績の向上を図っている。加えて、口腔がんと顎変形症を当科の主要疾患と捉え、QOL・QOSの向上を目指して、手術方法や治療法の改善に取り組んでいる。
教育においては、口腔外科専門医・指導医の育成に力を入れ、口腔外科界の主導的立場の人材を育成して行きたい。

診療を受けるには

三島歯科医師の外来は、月曜(初診・睡眠時無呼吸)、水曜の午後(顎変形症・口唇口蓋裂)
医師不在の場合もあるので、事前に診療科へ問い合わせる。
山口県済生会下関総合病院 歯科口腔外科 火曜の11:30~12:30(予約のみ)。

他の勤務先

■ 山口県済生会 下関総合病院
山口県下関市安岡町8-5-1
TEL: 083-262-2300

医師プロフィール

1993年 大阪大学卒業
1998年 岡山大学歯学部附属病院講師
2008年 岡山大学病院口腔外科(再建系)講師
2010年 山口大学大学院・上皮情報解析医科学准教授
2019年 山口大学大学院医学系研究科教授

所属学会

歯学博士、日本口腔外科学会 専門医・指導医・評議員・代議員、日本口腔科学会 認定医・指導医、日本顎関節症学会 暫定指導医、ICD、山口大学医学会 評議員、日本口腔腫瘍学会 評議員、日本コンピュータ外科学会 評議員

主な著書

・口腔外科学 第4版 2020年 医歯薬出版
・今日の治療指針2019 「口腔の先天異常と口唇裂・口蓋裂」2019年 医学書院
・口腔内の発赤と疼痛を伴う病変 2017年デンタルダイアモンド
・言語聴覚士のための基礎知識 臨床歯科医学・口腔外科学 第2版 : 口腔・オトガイ・顔面・頸部の構造と機能  2016年 医学書院
・Advances in medicine and biology Katsuaki Mishima, Yoshiya Ueyama Nova Science Publishers 2015年
・今日の治療指針2014  「口腔金属アレルギー」2014年 医学書院
(更新日:2020年4月3日)