やせすぎ

 身体発育曲線で、10パーセンタイル以下、または肥満度がマイナス20%以下のときはやせすぎです。
 乳児では、やせすぎは病気のことがあり、医師の診察が必要です。
 幼児期以降は、やせていることはあまり問題になりません。元気がよく、顔いろもよければ気にしなくていいでしょう。体重が少なくても、それなりに伸びていれば問題ありませんが、急に体重が減りはじめ、食欲がなくなり、疲れやすくなった場合は病気の可能性があります。
 やせていて、食が細くても、必要な栄養はとっているのであれば、太らせようと無理に食べさせないようにしましょう。かえって食べなくなったり、食生活や親子関係にゆがみが生じることがあります。
 しかし、思春期以降は、食べることを拒否する摂食障害という症状の可能性もあります。元気でも体重が減っていく場合は受診しましょう。
医師を探す