神経系の病気

 神経系の病気には大きく分けて、次のような病気があります。

■症状から見た神経内科の病気
 意識障害、認知症、記憶障害、思うことがことばにならない、人のいうことばが理解できない、頭痛、顔面痛、くびの痛み、四肢の痛み、四肢の感覚がにぶい、ジンジンする、味覚がない。
 力が入らない、片まひ、対まひ、顔面筋まひ、ふるえる、手足がかってに動く、運動がおそい、バランスがわるく転びやすい、第一歩が出ない、歩くとすぐに小走りになってしまう。
 けいれんをくり返す、視野がぼやける、きらきら光ったものが見える。

■病気の場所から見た神経内科の病気
 大脳、中脳、小脳、大脳基底核、橋(きょう)、脳神経、延髄、脊髄、末梢神経、自律神経、筋。

■病気の原因から見た神経内科の病気
 1.血管障害〔脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、硬膜下出血、静脈洞血栓など〕
 2.感染症〔脳炎、髄膜炎、梅毒、ウイルス性疾患、プリオン病など〕
 3.腫瘍〔原発性腫瘍、転移性腫瘍〕
 4.脱髄疾患〔多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、白質ジストロフィー〕
 5.変性疾患〔アルツハイマー病、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、ハンチントン病など〕
 6.代謝性疾患〔リピドーシス、糖たんぱく代謝異常、アミノ酸代謝異常、金属代謝異常など〕
 7.中毒〔金属中毒、有機物質中毒、薬剤中毒〕
 8.発作性疾患〔てんかん、失神、メニエル病、頭痛、ナルコレプシーなど〕
 9.先天性疾患〔脊髄空洞症、アーノルドキアリ奇形、母斑症〕
 10.脊髄疾患〔変形性頸椎症、椎間板ヘルニア、脊髄血管障害、HAMなど〕
 11.末梢神経疾患〔多発神経炎、ギラン・バレー症候群など〕
 12.筋疾患〔筋ジストロフィー症、筋緊張症候群、周期性四肢まひ、重症筋無力症〕
 病気の場所と原因は縦糸と横糸の関係にあり、時には原因と結果の関係になることもあります。
 以上のように羅列すると、たくさんあり複雑きわまりないようにみえます。実際には症状と、その時間経過から的をしぼり、検査によって場所と原因を確実に診断していきます。このように診断を理論的に整然と進めていくと、容易に結論に達するものです。