一過性脳虚血発作(TIA)〔いっかせいのうきょけつほっさ(てぃーあいえー)〕

 片まひ、失語症、半身のしびれなどの脳梗塞の症状があらわれ、それが24時間以内に完全に消えるものを一過性脳虚血発作(TIA)と呼びます。
 TIAには2種類あります。一つは、内頸(ないけい)動脈や中大脳動脈などの太い動脈に動脈硬化が起こり、脳血栓症の前触れとしてあらわれたものです。もう一つは心房細動などで心臓内に小さな血栓ができ、それが流れて脳の動脈につまって症状を出したものです。これはじきに溶けて流れてしまうので、症状は一過性で終わります。いずれにせよ大きな発作の前触れの可能性があり、慎重に検査をしなければなりません。
医師を探す