脳血栓症〔のうけっせんしょう〕

 脳血栓症は脳の動脈が動脈硬化によって、あたかも古い水道管のように内腔が狭くなり、高血圧や喫煙などを契機に血管がつまるものです。

[症状]
 ある日突然、半身の運動まひや感覚障害、あるいは失語症や半盲が発症します。小脳梗塞では運動失調や、脳幹の梗塞ではめまいも起こります。通常は2~3日で症状がピークをむかえ、その後はゆっくりと改善していきます。

[診断]
 CT(コンピュータ断層撮影)検査で黒い影がみられれば脳梗塞と診断できます。精密検査のためには3つの検査が重要です。第1にはMRI(磁気共鳴画像法)で、梗塞の状態を正確に診断できます。第2にはSPECT(脳血流シンチグラフィ)で、現在の脳血流を正確に診断できます。第3にはMRA(MR血管造影)で、脳の動脈を検査することにより将来の危険性を把握することができます。
 脳血栓症は脳の動脈硬化が原因で、動脈硬化症をひき起こす高血圧、コレステロール、糖尿病、喫煙の状態を把握することが大切です。

[治療]
 発症3~6時間以内の超急性期であれば、t-PA(組織プラスミノーゲン・アクチベータ)の注射をします。2週間以内の急性期であれば、少量ウロキナーゼ療法、抗凝固療法、抗血小板療法、脳浮腫軽減療法、血液希釈療法、脳保護療法などを組み合わせておこないます。またリハビリテーションも1週間以内には開始します。これらと同時に動脈硬化症を生じた原因を突きとめ、その治療もあわせてはじめます。

[予防]
 1カ月が過ぎて慢性期になると、再発の予防に重点が移ります。動脈硬化症を生じた原因に対する治療とともに、血小板凝集抑制薬としてクロピドグレルやアスピリンを服用することになります。
 表は脳血栓症の危険指数を示したものです。

 高血圧、コレステロール、糖尿病、喫煙などが原因となります。動脈硬化の危険因子が総体的にどれほどあるかをチェックして、危険度を知るとともに予防に努めることが大切です。禁煙が必要です。
医師を探す