乳頭腫〔にゅうとうしゅ〕

 上皮性のものではもっとも多く発生します。表面は白く、ザラザラしたものやいぼ状のものがあります。痛みなどの自覚症状はありません。舌、口蓋(こうがい)、歯肉(しにく)、ほおの粘膜によくみられます。
 治療は外科的切除ですが、乳頭腫の原因と思われる刺激物がある場合には、それも除去しなければ再発の可能性があります。

(執筆・監修:JR東京総合病院 院長 髙戸 毅)
医師を探す